ひとりのお出かけ

役目を果たした招き猫に会いに。豪徳寺へお散歩。

1000体を超える招き猫が奉納されているという豪徳寺。晴れた日のお散歩にぴったりのおすすめスポットです。カメラを持って、圧巻の招き猫たちに会いに行ってみましょう。

1000体の招き猫を見てみたい…

とても天気が良い2月の晴れた日曜日、小田急線豪徳寺駅へふらり。
目的は、「1000体の招き猫」を見るため。びっしり並んだ圧巻の招き猫、と噂には聞いていましたが自分の目で見たい!と意気込み行って参りました。

豪徳寺の駅前には商店街があり、一歩入ると住宅街…と住むのに快適そうな街並。
ココ、絶対おいしいんだろうな、と思わせるパン屋さん・ケーキ屋さんを横目に線路沿いを歩くこと約10分。

住宅街の中に佇む豪徳寺の入り口がありました。

日曜日のお昼どきに向かったのですが、人はあまりおらず、お散歩をしている年配の方たちの姿がちらほら。本当にここに大量の招き猫たちが居るのかしら…と不安になりながらも進んでいきます。

参道を抜け、少し奥まった所に絵馬掛けを発見。そこにはあの招き猫の姿が描かれていました。目的の猫たちは近いはず…と期待に心を踊らせ、さらに奥へ。

絵馬掛け付近には「招福殿」。ふと目をやるとそこには招き猫が。これはもしや…とさらに奥を見ると

ずらり。ついにご対面できました。1000体を超えるという招き猫たち。
(思っていたよりだいぶ小さなエリアにぎゅっと並べられている…!)

聞いたところによると、こちらの猫たちは豪徳寺で授与された後にそれぞれ願いを叶え、役目を終えて奉納された子たちのようです。
だから同じ種類の招き猫がたくさん居るのですね。

あちらこちらに役目を果たした招き猫たちが

ところ狭しと招き猫たちが納められています。

どの写真を撮っても同じようなショットになってしまうなぁと思いつつ、最初「ぞわっ」とした招き猫たちの表情がどこか穏やかなものにさえ感じてきます。しっかり誰かを幸せにしてきた子たちだから、やすらかな気持ちなのでしょうか…。

時おり外国人などの観光客らしき方が訪れますが、空気もひんやり、静かな場所なので招き猫と目を合わせしばらく物思いに耽る…そんな時間でした。

招き猫は大きなものから、こちらの豆サイズまで色々。ぜひチェックしてみてください。

招き猫だけじゃなく、きちんと豪徳寺にもお参りを

1000体の招き猫がメディアなどで話題にはなっていますが、これは豪徳寺の中のほんの一角。(実際に招き猫を数えた方によると、3500体以上あったとか…)招き猫たちを興味心で見に行ったあとはしっかりと本殿にもお参りして帰って下さいね。あまり知られていませんが、日本の開国時に活躍した井伊直弼のお墓もこちらにあります。学校を卒業してから今に至るまで、すっかり忘れていた日本史を思い出すきっかけになりました。

閑静な住宅街、賑わう商店街と、静かな迫力のある豪徳寺。
晴れた日曜日のお散歩にぴったり。商店街の中にも招き猫モチーフを置いているお店が沢山あるので、何体見つけられるか数えてみても楽しいです。幸せが招かれそうなお散歩コースでした。