ひとりのお出かけ

心の深呼吸をしよう。等々力渓谷をのんびりお散歩♪

住宅街のすぐそばに存在する“等々力渓谷”。都会のど真ん中にある渓谷とはどんな場所なのか?の~んびりお散歩してきました。

こんにちは、編集部のヤマダです。

突然ですが、みなさんは自然と触れ合っていますか?
都会に住んでいると、本当の自然にふれることは難しい。
人工的な緑も良いけれど、心の深呼吸をするには少し物足りない…。

3月のある週末。
快晴とまではいかないものの、柔らかい光がさすお昼過ぎ。
ふと思い立って、気になっていた等々力渓谷をお散歩してみることにしました。

新宿や渋谷から30分ほどで行ける“等々力渓谷”。
東京都指定名所のひとつで、23区内では唯一の自然渓谷です。
今回は、パワースポットとしても有名なこの等々力渓谷の魅力をご紹介しますね。

突然の異空間

東急大井町線 「等々力駅」から徒歩約3分の場所に、等々力渓谷の入り口はあります。
スーパーや飲食店などが並ぶ街中に、ポツンと渓谷への看板が立っているのは不思議な光景。
看板のそばにある階段を降りると、そこがもう等々力渓谷なのです。

武蔵野台地を流れる谷沢川の浸食によってできた等々力渓谷は、地上との標高差が10m程あるのだそう。
そのためか、谷沢川に沿って続く遊歩道からは道路も建物も全く見えません。
まさに、異空間。
たくさんの木々が生い茂り、足元にもたくさんの緑。
何だか、ジャングルに迷い込んだ気分…。

野毛大塚古墳…?

遊歩道をしばらく進むと、地上へ戻る階段と古墳への案内版が。
「渓谷に古墳…?」かなり気になります。

階段をのぼり、住宅街を抜け右手にある環状8号線沿いに少し歩いて左折。
子供たちの元気な声が聞こえたら、そこが野毛大塚古墳です。公園と隣接している野毛大塚古墳は、子供たちのかっこうの遊び場。
こんもりと盛り上がった小山のまわりには、レプリカの土器が並べられていて古墳としての演出もバッチリ。古墳の頂上までのぼれるので、ぜひ上まで行ってみてください。

見晴らしがよく、無意識に体を伸ばしている自分に気づきました。

必ずしも行った方が良いとは言いませんが、お時間がある方はぜひ立ち寄ってみてください。

パワースポット「不動の滝」

古墳から渓谷に戻り、さらにジャングルの中をのんびり歩いて15分ほどの場所に「不動の滝」があります。
パワースポットとしても知られる滝で、崖から二筋の水がとめどなく流れ出ています。滝から流れ出る水だけでなく、崖一面からポタポタと水がしたたり落ちる様は神秘的。
水の近くだからか、心なしか少しひんやりした空気に変わります。
ボーっとするには、良い場所です。

季節がうつろう度に訪れたい

最終地点には、休憩できるお茶屋さんや縁結びのご利益があると言われる等々力不動尊があります。そこで少し休憩したら、またゆっくりと「等々力」駅を目指して戻りましょう。

私が訪れた日は、まだ少し肌寒く渓谷の緑もくすんでいました。それでも、静まり返った空気や川の流れる音は、思った以上に心を落ち着かせてくれます。
これが本当の自然がもたらす癒しの力、なのでしょうか。

きっと、夏にはもっと緑が青々となり、秋には赤く染まり、冬には雪景色になるのだろうな。
そう思うと、季節がうつろう度に、どんな表情になるのか見てみたくなる渓谷です。

無意識に何度も「すぅ~はぁ~」と深呼吸をしている自分がいる。
時計や携帯を見ていない自分がいる。
そうやって、何も考えていないことに気づかされる場所です。

口先だけの浅い呼吸で、心の栄養不足の方。
等々力渓谷で、心の深呼吸をしてみませんか。

『等々力渓谷』
住所:東京都世田谷区等々力1-22、2-37~38
アクセス:東急大井町線「等々力」駅より徒歩約5分

素敵なお花屋さん「Iria」を発見♡

等々力渓谷をお散歩したついでに周辺も散策してみることに。
すると、東急大井町線の線路をはさんで、等々力渓谷とは反対側へまっすぐ進んでいった場所に素敵なお花屋さんを発見!
お店の名前は、「Iria」。
こぢんまりとした外観ですが、一歩店内に足を踏み入れると一瞬にして色とりどりお花の華やかさに包まれます。
テーブルの上にはたくさんのお花、壁にはドライフラワーやリース、レジ前には真紅のソファー。
決して広くはない店内ですが、とても素敵に演出されています。
かわいい~!

Iriaとは…一番好きな花 Iris(アイリス)の古代の呼び名です ギリシャ神話では色を自在に操る虹の女神の名前だったっとも言われています 咲姿を初めてみた時の衝撃がわすれられない一生憧れ続ける花の名です 大好きな花で 世界の景色をもっともっと美しく変えていきたい そこで一緒にきれいだね と笑えたら何より幸せです

引用: http://iria-sachitanosaki.com/about/

お店の方もとても気さくで、お花をゆっくりと見ている時は邪魔をせず、こちらが質問すると丁寧にお花のことについて教えてくれます。その距離感が、心地良い。

私は、迷いに迷ってあじさいのお花を1本いただきました。

等々力渓谷の自然を持ち帰ることはできないから、せめてお散歩の思い出に「Iria」のお花を持ち帰るというのもいいかもしれません。

店舗情報

出典:local

『Iria』
住所  :〒158-0082
     世田谷区等々力3-21-22 1F
アクセス:等々力駅から徒歩5分
営業時間:下記HPでご確認ください。

心がきれいになると部屋が汚く見える…

家に帰り着いた私は、さっそく部屋にあじさいを飾ろうとして愕然。
部屋が汚い…。出かける前は、気にならなかったのに…。

等々力渓谷から帰った私の目は、クリアになっていたようです 笑
これでは、あじさいが可愛そうと、いそいそとおそうじ。

キレイになった部屋にあじさいを飾ってみる。

花の命は長くないですが、このあじさいとお別れする時に、
また等々力渓谷に行きたいな。
と、思う週末なのでした。