ひとりのお出かけ

純度100%の真っ暗闇。視覚以外の感覚が開いていく体験“ダイアログ・イン・ザ・ダーク”

ダイアログ・イン・ザ・ダーク、ご存知ですか?純度100%の暗闇で見えてくるもの。それは…

突然ですが、毎日格好つけてますか?

仕事での失敗を小さく見せようとしたり、見た目をきらびやかに見せようとしたりしていませんか?

私は、めちゃくちゃ格好つけてます。

編集部のもりゆかです。

格好つける事は、人間としてごく当たり前のこと。

でも、人生の中の90分、格好つけることを一切忘れてしまう-心が丸裸になるような体験をしてみませんか?

今回は「目以外のものでものを見る」

暗闇のソーシャルエンターテイメント“ダイアログ・イン・ザ・ダーク”に参加してきました。

暗闇のソーシャルエンターテイメント。“ダイアログ・イン・ザ・ダーク“

ダイアログ・イン・ザ・ダークは、暗闇のソーシャルエンターテイメントです。参加者は完全に光を遮断した空間の中へグループを組んで入り、暗闇のエキスパートであるアテンド(視覚障害者)のサポートのもと、中を探検し、様々なシーンを体験します。

引用: http://www.dialoginthedark.com/did/

日常の生活では体験することが出来ない、純度100%の真っ暗闇

初対面のメンバー×視覚ゼロの空間。これは正直、不安ですよね。ましてや一人で行くなんてハードル高い…。

でも、そんな事ないんです。この体験、実は私は2回めの参加。リピートしたくなるくらい、特別な気持ちになれる場所なんですよ。

今回参加したのは“対話”がテーマの体験

今回私が体験したのは“対話”をテーマにした回。
その様子を簡単にレポートします。

今回は、私もりゆか/よっしー/とみー/さとみ/もも/せっきー、というグループ。
とみー以外は全員女性という、ハーレムなグループです。

呼び名を決めて、いざ暗闇へ…

まずは中でお互いを呼び合うためにニックネームを決め、アテンドスタッフのかっきーに連れられいざ、暗闇へ。

この時に持っていけるものは目の見えない方が普段使っている杖“白杖”とちょっとの小銭だけです。

視覚が閉ざされる体験と分かって参加しているはずなのに、暗闇の中にとぷん、と入ってしまうと…

ビビる・怖がる・縮こまる。

まっすぐ歩くことでさえ怖い。みるみる怖さが襲ってきます。

アテンドかっきーさんいわく、暗闇の中で黙ってしまうと、その人の存在がなくなってしまいます

それを聞いて皆声を出して行動します。

「もりちゃん、ココに居ます、歩いてます」
「せっきー、ココです」本当に、明るい中では考えづらい状況…。

真っ暗闇の中で行う“対話”

今回のテーマは“対話”。

グループ同士での対話はもちろんのこと、自分自身との“対話”を暗闇の中で行いました。

明るい所ではなかなか言わないような事でも暗闇の力を借りて打ち明ける事が出来る…。

それこそ、自分でもびっくりするような込み入った話まで。
一人が話しだすと、全員が全身を使って聴こうとする。それがとても心地良い、優しい時間に感じました。

暗闇の中で出会った仲間とは特別な“絆”が生まれる

初対面のグループメンバー。

たった90分、暗闇を共にしただけなのに、終わる頃には確かな“つながり”が生まれています。

暗闇から光のある世界へ戻る時の寂しさ。「この空間から出ても、この人たちとつながっていたいな」と不思議な気持ちになっていました。


「人っていいな」と思う体験を

今回アテンドとして私たちを暗闇の中、導いてくれたかっきーさんこと柿島光晴さんにお話を伺いました。

どんな方にダイアログ・イン・ザ・ダークへ来てもらいたいですか?

人間関係に悩んでいる人や疲れている人に来てもらいたいです。

暗闇の中で人と触れ合って、人っていいな、と思ってもらいたい

体験された方にも色々な感想をもらうのですが『温泉みたい』という方も居ました。ただの癒やしとはまた違うのですが、リラックスしてさっぱりリフレッシュされるという方も居ますね。

面白いですね。一人で来る方も結構居ますか?

そうですね。全員が1人で参加する「一期一会」というイベントもやっているんですよ。

一期一会!全員初対面だとまた面白そうですね。

そうなんです、始めは緊張して距離をとっていた方々が、暗闇の中で距離を縮めて最後にはまるで家族のようになっていくんですよ。終わった後も一緒に飲みに行くグループもあります。

暗闇の力、すごいですね!

暗闇もですが、半分は僕の力でしょうか。いや…冗談です。笑

かっきーさんのひとり時間は…

暗闇の中で絶対的な「安心感」をくれたかっきーさん。そんなかっきーさんの一人時間を聞いてみました。

音楽を聴いています。僕は、バンドを組んでいるのでメンバーから教えてもらった曲を聴いたり…あとは革靴を磨いたりしています。それと、囲碁。最近おじさんっぽくなってきました…。

おっさんぽいだなんて!終始、和やかでおちゃめなかっきーさんでした。

息を吸うように想像する90分。視覚以外の感覚が開き始める

真っ暗闇の90分。この間、視覚以外の感覚がフル稼働
すると、普段考えないことを想像します、そう、想像しっぱなしの90分なのです。

この形、素材は何?この音は、何?この声は、誰?

自分がどれだけ毎日の中で見えているものだけを見ているのか。
どれだけ感覚を閉じて生きているのか、考えてしまいます。

他人の目や自分自身の目を嫌でも気にすることが多い毎日。
感覚を閉じて、ひらく。そんな体験に行ってみてはいかがでしょう。


ダイアログ・イン・ザ・ダーク
http://www.dialoginthedark.com/
https://www.facebook.com/DIALOG-IN-THE-DARK-JAPAN-109018169118488/