ひとり分レシピ

もちもちの生地、小麦の匂い。のんびりパンを焼くと、五感からじんわり癒やされる。

「おいしいパンを自分で作れたら、どんなに素敵だろう?」食いしんぼ心だけでトライした、はじめてのパン作り。やってみたら癒やしとときめきがいっぱいでした。

せっかく時間が空いたのに、どうやら今日は雨らしい。

一気に外に出掛けるのが面倒になっちゃって、「よーし、今日は家にひきこもるぞ!」と心に決める。「いつか挑戦したい!」と勢いで揃えたパン焼きセットが放ったらかしだったことを思い出す。

冷蔵庫をのぞいてみると、チーズ、ハム、ジャム、缶詰めなどなど、パンに合いそうなものも入っているし。もしかしたら失敗するかもしれないけど、せっかく1人なんだから気楽にやればいいじゃない。

…そんなこんなで初めてパンを焼いてみたら、作る過程そのものに癒やしとときめきがいっぱいでした。不器用でおおざっぱなパン焼き初心者、樋口がお伝えいたします。

計量や温度の管理に緊張

料理みたいに途中で味見して調整することができないパン作り。温度や時間も管理しないといけないし…。それだけでちょっと緊張です。はかりや大さじ小さじをひっぱり出してきちんと量を量ります。

もっちり生地を捏ねてるだけで、心が安らぐ

材料を混ぜ合わせていると、少しずつまとまってきて「パン生地」らしくなっていくのですが、この触り心地がたまらない…!

もっちりとして手に吸い付くような触感。お餅よりちょっとゆるくて、ぬるま湯を使っているのでほんのりと温かい。この感じはまるで赤ちゃんのほっぺた!さわっているだけで癒されます。

ガーデニングや家庭菜園が好きな人が「土をいじってると癒やされる」と言ったりしますが、パンを捏ねるのもそんな感じなのかも。

あと、猫カフェで猫をもふもふしたり、ぼーっと海を眺めたりするような、理屈では説明できない感動があります。

ずーっとふにふにしていたくなりますが、生地は乾燥に弱いのでスピードが大事だそう。手早く終わらせて次のステップへ。

待ち時間、なぜか細々としたことに集中できる

一次発酵、ベンチタイム、二次発酵、焼いている間と、何かと待ち時間が多いパン作り。

レシピを見たときにはまどろっこしくて面倒そうだと思ったのに、やってみるとこの待ち時間が結構イイ!

使った道具の片付けはもちろん、普段手が回っていない細かい家事をやったり、読みかけの本を引っ張り出してみたり、気付いたことをノートに書き留めたり。時間を区切ることで集中できるのか、いろいろなことが片付いていきます。気持ちいい!

むっちり膨らんだ生地に、期待も膨らむ

丸めて型に入れ、二次発酵を終えた生地は、こんなにむっちむち!

それでも焼き上がって味見をするまで上手にできたかどうかはわからない。期待と不安も一緒に膨らみます。

部屋がパン屋さんの匂いに

2002年製、普段はレンジ機能しか使っていないオーブンレンジを温めてパンを焼いていくと、だんだんといい匂いが。これ、パン屋さんの匂いだ!ほっとする香ばしい匂いで部屋が満たされていきます。オーブンを中心に、部屋がぽかぽか暖まってくるのも心が和みます。

や、やけてる!焼き色、ふくらみ、断面…ときめきが止まらない!

15分後、やけどに気をつけながらパンを取り出すと、や、や、やけてる!美味しそうな焼き色、型にみっちりぎゅうぎゅうに詰まっている様子、見ているだけでときめきっぱなし!(ちょっとムラや穴ぼこはあるけど気にしない…!)

粗熱が取れたあとちぎってみると、もっちりとした感触と、きめ細かくしっかりと中身の詰まった断面にまた胸きゅん!写真を撮ろうとしてもまんまる過ぎていい位置で止まらない!すぐころりんってなっちゃう!かわいすぎかよ!

冷蔵庫の中身を気ままに乗せて、実験室気分

ついに自分が作ったパンを食べるときが来ました!感動!

食べてみると、しっとりもっちり。そしてほのかな甘味。まさに「プレーンで上質な、普通のパン」。甘いもの、塩気のあるもの、何にでも合いそうです。これ、すごく好み。

早速、冷蔵庫の中からパンに合いそうなものをピックアップ!

クリームチーズと蜂蜜やジャムの組み合わせは鉄板。ハム&スライスチーズ&ママレードジャムや、ドライカレー&蜂蜜のあまじょっぱ系も個人的にはたまらない!ひじきやドライカレーもぴったり。

1人で気ままに、そして思う存分、実験室気分で組み合わせを楽しみました。

世紀の大発見、パンを作ると癒される

パンを作る前は、出来上がったパンを食べることしか考えていなかったけれど、それはパンの魅力のほんの一部でしかありませんでした。

生地を捏ねたり、発酵を待ったり、焼き色を確認したり、パンは作る過程にも楽しさがいっぱい!五感の中でも普段はあまり使わない触覚や嗅覚をたくさん使って、じんわり癒やされたりきゅんきゅんときめいたりと、とても素敵な体験でした。

予定のない日。外に出たくない日。アタマばっかり使って疲れた日。のんびりパンを焼いてみると、ちょっと元気になるかもしれません。