ひとりのお出かけ

御朱印集め、宿坊に山伏修行まで!?今、女子注目の寺社!宿坊体験記

スタンプラリーのように参拝しながらパワースポットを巡ることが出来る御朱印集めや坐禅や写経を体験できる宿坊。白装束に身を包み断食や滝打ちなどの更にハードな修行を体験できる山伏修行など、最近は若い女性の参加が多いようです。その中で宿坊体験をしてきました。

今、若い女性の注目を集める寺社仏閣。

スタンプラリーのように参拝しながらパワースポットを巡ることが出来る御朱印集めや坐禅や写経を体験できる宿坊。

白装束に身を包み断食や滝打ちなどの更にハードな修行を体験できる山伏修行など、最近は若い女性の参加が多いようです。

その中で宿坊体験をしてきました。

気になるお寺での過ごし方をご紹介します。

自然に触れる道中

奥秩父の山の自然を堪能しながらお寺を目指します。

奥秩父の山には滝がたくさん!!お時間に余裕がある方はぜひ滝めぐりもしてみてください。

筆者たちが行った『竜門の滝』はそんなに大きな滝ではありませんでしたが、滝独特の心が現れるようなひんやり感を味わうことが出来ました。

規模は小さいながらも流れる姿はとても美しかったです。

お寺に到着

15時半頃お寺に到着…ところがお客さんらしき人以外誰もいません。

ご住職は最寄りの駅まで送迎に出てしまったようようで、16時前に沢山の女性のお客さんを連れて帰って来られました。

ボランティアの女性を2名紹介され、早速写経の時間に。

曇天ながら雨は降っていなかったのでお寺の縁側に横一列に並び、一心に『般若心経』を写していきます。

写経が終わった人から入浴時間&フリータイムに。

露天風呂に順番で入ることが出来ます。

18時を過ぎ、丁度読経の時間になり、本堂へ。

経本を配られ、ご住職と一緒に読経します。

2~30分程でしょうか…思ったよりもあっという間に終わった印象でした。

再びフリータイムになり、20時過ぎに夕飯の時間に。

もちろん肉も魚も一切使っていない精進料理です。

夜になり、かなり冷えてきた事もあって暖かいお食事に癒されました。
どのお料理をいただいてもとても美味しかったです。

食事を下げた後に晴れていれば綺麗な星空を楽しめる時間だったのですが、あいにくの曇り空。

『法話』の時間になり、ご住職から仏教についてのお話や住職になる経緯などのお話を伺いました。

その後、部屋割りがあり、就寝に…とはいっても消灯しないといけないわけではなく、自由に就寝する感じでした。

自分と向き合う2日目

午前6時頃、朝日が昇ってくるのを見ることが出来るということで、お寺の入口までお散歩です。

曇り空でなかなか見られず、みんな帰ってしまったのですが、一人粘っていた筆者、雲の切れ間からとってもきれいな朝日を見ることができました!

薄く雲がかかり、とても幻想的で素敵な朝日でした。

お寺に戻るとコーヒーが用意されていて、朝のお勤め(読経)の時間までブレイクタイム。

朝のお勤めが終わり、いよいよ坐禅体験です。
坐禅堂に移動し、坐禅の仕方を教えていただき、坐禅を組みます。

本当は40分間行うそうですが、体験ということで10~15分を2回行いました。

坐禅終了後、フリータイムになり、そのまま坐禅を続けるも良し、お風呂に入るのも良しと自由な時間を過ごし、朝食の時間です。

朝食もほっこりと温まるとても美味しいお料理たちでした。

ゆったりとした時間を過ごし、10時半チェックアウト。
お寺での2日間はこんな風に過ぎていきました。

仏教の教え

ご住職のお話では、自分の身体からすべての感覚を引き離し、『空くう』の状態になることを目指すとのことでした。

そのための写経であり、坐禅であり、読経であり…と。

写経はどのお寺でも『般若心経』が用いられるそうです。

仏教大切な教えが網羅されているコンパクトな経典であることが理由だそうです。筆者はこの写経が一番無心になれた気がしました。

読経は本来経典の意義を理解し実践するため。
また記憶し広く流布するためのものだったようです。

葬儀などで死者を浄土へ送るために読まれますが、元々は人の生き方を説いているものだということです。

体験だけで理解を深めることは無理かとは思いますが、心が触れるものがあるかもしれませんね。

坐禅を行っている宗派は実は臨済宗と曹洞宗だけなんです。

その意図としては自分の心の中にある全ての感情を排除して『空』の境地を目指す…。というものです。

筆者の一番体験したかったことでしたが、雑念を払うのはとても難しくて、『空』や『無』とは程遠い感じのまま終了してしまいました。

宿坊体験、筆者にとっては良い経験になりましたが、意外とライトな感じでちょっと物足りないかも…次は山伏修行かな☆

記事提供元:いま女子
御朱印集め、宿坊に山伏修行まで!?今、女子注目の寺社!宿坊体験記☆その2