ひとりのお出かけ

とっておきの土遊び。dakota工房の陶芸体験

浅草の観光地から離れた静かなエリアにある「dakota工房」。実は、ずっと気になっていた陶芸。今回は、体験陶芸を通じてその魅力をお伝えします。

没頭できる趣味がほしいな~
と思うだけで終わることの多い
編集部のぐーたらヤマダです。

…ここは一念発起!
没頭といえば陶芸だ、とイメージ先行で
教室を探していて出会ったのが
浅草にある「dakota工房」。

今回は、とても気さくな主の芸林さんに
教わりながら体験陶芸をしてきたので
その様子をご紹介します!

無心で遊んでいた子供の頃に戻れる
そんな時間でした。

土あそびの感覚で

「陶芸って敷居が高いイメージをもたれている方が多いんですけど、そんなことないんだよって知ってもらいたい。お茶を飲みにくる感覚できて、気張らないで土いじりをしてほしい。芸術的センスなんて気にせず、土あそびの感覚でやってもらえればいいかなと思っています。」
と芸林さん。

浅草の観光地から離れた
静かな場所にある工房。

手作りのかわいい作業台や
陶芸作品に囲まれて
ワクワクします。

それでは、さっそくお願いします!

体験陶芸スタート

今回は、陶芸の中で基本的な作り方である
“紐作り”を体験させていただきました。

最初にしっかりした完成イメージを

紐作りでは、底から作り始め
土を積み上げていくので
途中で大きさや形を変えるのは難しい。

そのため、始める前にどんなものを作りたいか
イメージをしっかりつかんでおくことが
大切なのだそう。

私は、ちょっとしたお惣菜がのせられる
お皿を作ることに。

①底をつくる

まずは、粘土をコネコネしながら
ハンバーグのような形をつくっていきます。

それを手回しろくろと呼ばれる、
手動で回転する台の上にのせて
さらに手の平でぐいっと押し広げていきます。

ある程度まで広げたら、
ヘラで形を整えて底が完成。

②高さを作る

次は器の高さをつけていきます。

新しい粘土を転がしてひも状に。
それを底のふちにのせて、一周したら余分をきる。

そのあとは上下の土をとりながら
隙間を埋めていきます。

この一連の流れを好きな高さまで繰り返します。
私は、小皿なので2周で完了。

③作りながら芸林さんとおしゃべり

作業中は、近くでサポートしてくれる芸林さん。
集中している時は、そっと見守ってくれ
困った時は、すぐ手を差し伸べてくれる。
心地いい距離感です。

芸林さんは、なぜ陶芸を選んだのですか?

陶芸とは大学の頃に出会ったんですけど、最初に触った感じが面白いと思って。土って相性があって、ダメな人はすぐ手を洗いたくなっちゃうくらい嫌いだったりするんです。

へ~!私は今のところ、土が大好きです。

それと、割とゆっくりと作っていくもので、何もないところから自分の考えを入れ込んで作り上げていくというのが楽しくて、そのスピードが自分に合ってるんです。

作るスピードも関係してくるんですね~。面白い!

と、おしゃべりしながらも
ちゃんと手は動かしていますよ。

④形をととのえていく

積み上げた部分がふっくらしているので、
のばして薄く広げていきます。

さらに、ヘラなどの道具を使って
指のあとをキレイにならしていき、
スポンジで表面をなでてあげると、
あら、綺麗に!

あとは、ガタガタのふちの高さを揃えていきます。
ここは芸林さんのサポート付き。

ここまでで、お皿作りの一連の作業は終わり。
思ったよりも簡単…!

⑤あとはお好みで

この後は、好きに飾りをつけたり、文字を掘ったり。
ここではみなささん、
さまざまに個性を発揮するようです。

私は、シンプルに小さく内側に
「Me times」とスタンプを。

終わった~と、安心したのもつかの間
一番の緊張の場面が。
手回しろくろから完成した器を取り外す作業。

糸を両手に持って、
底の部分をろくろからはがしていきます。
キレイにとれた瞬間は、…感動です。

最後に、好きな色を選んで完成!
焼き上がりまで1ヵ月ほど。
出来あがりが楽しみです♪

土曜の夜がおすすめ

体験陶芸は2名以上からの予約になるので、
ひとりで行く場合は、
第3土曜の夜18時から行われている
「陶芸ナイト」がおすすめ。

今回、私が体験したものと同じ内容だそうですよ。

陶芸ナイトはひとり女性も多く
陶芸をやりながら
みなさん、いつの間にか仲良くなっていたりするのだとか。

ずっと使えるものを

体験陶芸の時間は、約1時間半。
本当にあっという間でした。

芸林さんの説明もとても分かりやすく
「パンにバターを塗るように」とか
「ハンバーグを作るみたいに」とか

何だか本当に子供の頃のように
土あそびを純粋に楽しんでいる気分。

だからなのか、終わった後に
もっと遊んでいたいと思っている自分が。

「体験で作るものってその時に楽しかったで終わっちゃいがちなので、うちではちゃんと使えるものを作れるようにサポートしたいと思っています。自分で作ったのもで生活するって素敵ですよね。」

その言葉通り
最初から最後まで些細な質問にも
笑顔で答えてくださった芸林さん。

本当にリラックスして楽しめました。

大人のしがらみに疲れたみなさま
何も考えずに遊んでいた
子供の頃に戻るように
dakota工房を訪れてみてはいかがですか。

『dakota工房』
住所:東京都台東区寿4丁目6-11

※体験陶芸の詳細は、HPでご確認ください。

コメント

コメントは停止中です。