ひとりのお出かけ

リカシツの理化学ガラスで、ひとり暮らしをもっと楽しく。

今注目の“理系インテリア”。実は、とても機能的で優秀なアイテムでした!今回は、清澄白河にある『リカシツ』さんにその魅力を聞いてきました。女子に人気の秘密がたくさんでしたよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ひとり暮らしの身としては
かわいいというだけで即座にインテリア雑貨を買うことは躊躇してしまう。

「本当にそれは使えるものか?」と自問自答し
+αがないとお金を出し惜しむ…
ケチと呼ばれても仕方ない、編集部のヤマダです。

そんな時に出会った、今話題の“理系インテリア”。
かわいいのに機能的で実用的。
今回は、理化学ガラスを扱う「リカシツ」の方に
人気の秘密を色々と聞いてきましたよ!

理化学ガラスを使ったインテリア

清澄白河にあるfukadasoの102号室にお店を構える「リカシツ」。

昭和8年から理化学ガラスの問屋をやってる関谷理化株式会社が運営しています。大学の研究所や民間企業の商品開発・品質管理などに製品をおさめているそうですが、どうして一般向けの商品として販売を始めたのでしょう?

「一般の方から『試験管を使って一輪挿しをしたい』という問合せがあったんです。研究所や病院向けに販売をしていたから、一般の人がビーカーや試験管を1個から買える場所がなかった。理化学の製品を家庭で使うニーズも増えてきていたこともあって、リカシツをオープンすることに。」

理化学ガラスの実力がすごい…!

一般の方からの要望でオープンしたリカシツ。
実際に研究所で使われている製品が並んでいます。

「理化学ガラスというのは、変な溶質物が出ない非常に安心・安全な原料で作られています。それに加えて耐熱性・加工性・透明性がある。これは、理化学の研究で使う上での絶対条件をクリアした歴史のあるガラスなんです。」

ガラスは何かと扱いにくいという概念が一気に吹き飛びます。

「つまりは、耐熱性があるから電子レンジやオーブンでも使えるし、熱湯消毒もできる。匂いがつきにくいから料理の保存に適しているし、加工性があるから取手をつけることも簡単にできるんですよ。」

これぞ、私が求めていた+αの機能性です!理化学ガラスの良さを知れば知るほど、テンションもあがります!

取手の付いたビーカーセブンシリーズや少し遊び心を加えた足付きのワイングラスビーカーなど、お客さまからの要望で作られたオリジナル商品もあるそうですよ。

みんな、どんな使い方をしているの?

私がお店におじゃました時も、女性の方が化粧水を入れたいという相談をしていました。
「そんな使い方もするのか!」と理化学ガラス初心者の私は驚きを隠せません。

一輪挿しやコーヒー、テラリウムで使われているのは知っていましたが
耐熱性があるから電球のカバーにしてみたり、熱湯消毒ができるから子供のコップとして使ってみたり、アルコールランプと金網であたりめを焼く方もいるのだとか。しぶい…!

「理化学ガラスの良さを知ったうえで、自分の趣味やインテリアで使っているお客さまが増えています。どんな風に使いたいか相談していただければ、一番適した機能をもつ商品をご紹介しますよ。」

シンプルで透明性のあるガラスだからこそ、いかようにもアレンジでき、自分の好きなように楽しめるのですね。

私のような初心者さんは、店内の黒板に書かれている使い方をぜひ参考にしてみてください。

本当に理科の授業みたいです(笑)。

ワークショップも

2階のスペースでは、定期的に理化学ガラスを使ったワークショップも開かれているので気になる方は、HPをチェックしてみてください。

テラリウムやアクアリウム、石鹸作りなど楽しそうなラインナップです。

さぁ、実験をはじめましょう!

学生の頃、理科の実験で使っていたビーカーや試験管に、 時を経て、今再び出会うなんて思ってもみませんでした。

あの頃の気持ちを思い起こすかのように
α+β=私の好きなもの
という数式をあみだしてみませんか。

理化学ガラスの使い方は、無限大だと感じます。
これからまだまだ可能性を秘めた理系インテリア。

新しい使い方を見つけ出した方は
「#リカシツレシピ」でインスタ投稿を。
研究成果を発表しましょう!
#リカシツレシピとは?

リカシツ
住所:東京都江東区平野1-9-7 深田荘102
時間:平日(13:30~18:00)/土曜、日曜、祝日(13:00~18:00)
定休日:不定休(休日はリカシツHPの最新情報でご確認ください。)