ゆる美容

朝の時間、「ご機嫌なわたし」になる魔法をかける~理想の朝ごはん編

いつだってご機嫌な私でいるための朝時間のルール。

ベッドの中でゴロゴロしているのがとても気持ち良い季節になりました。

目が覚めてまだ意識がぼんやりしているとき。

カーテン越しに感じる外の雰囲気から、
今日も晴れているんだなと嬉しくなって
どんな一日にしようかなと思いを巡らせる。

普段は、ベッドの中でまどろむ時間が無いひとにとって、それはそれは至福のひとときですよね。

そんな目覚めの時間を少し楽しんだあとに
「ご機嫌なわたしになる朝のお楽しみ」が待っているとしたら、一日がさらに素敵になると思いませんか?

朝から「ご機嫌なわたし」にしてくれる、セロトニンのチカラ

早い時間から動き出すことは、
実は「前向きでご機嫌なわたし」に繋がります。

その理由は揺らぎやすい気持ちを安定させて
前向きにする力を持つセロトニンは
午前中に朝期を浴びることで増えるから。

いつも明るい空気をまとっている
愛され上手な女性でいるためにも、
タオルケットの誘惑を断ち切って、
えい!とベッドから飛び起きてカーテンを開ける、そんなわたしでいたい。

今回と次回はシリーズで、
「ご機嫌なわたしになる魔法をかける、朝の時間の過ごし方」のヒントをお届けします。

1回目は、
「理想の朝ごはん」という魔法です。

ご機嫌なわたしになる魔法をかける、朝の時間の工夫その1

ワクワクする理想の朝ごはんをピンタレストで探してみる

朝目が覚めて気持ち良いベッドから出た先に待っていてくれるのが、思わず気持ちがワクワクする朝ごはんだとしたらどうでしょう?

ホテルに泊まると朝ごはんが楽しみで早起きしてしまうように、いつもの朝ごはんにも少しのこだわりを持たせてみませんか?

まずは少しイメージを膨らませてみましょう。

「理想の朝ごはん」と聞いて頭に浮かんでくるのは「小さい頃に大好きだった絵本の中で見たふわふわのパン」かもしれないし、「いつか映画の中で見た、恋人とベッドで食べるブランチ」かもしれませんね。

理想の朝ごはんのイメージがぼんやりとでも思いついたら、次はPinterest(ピンタレスト)でそのイメージに近い写真を集めます。
まるでコラージュをするように、
心が好きだと反応する写真をどんどん集めていきましょう。

一枚でも
「そうそう、こういう朝ごはんが理想」
と思える写真が見付かると
続いて似た雰囲気の写真がたくさん表示されるので、
「そうそう、これも理想!」という発見がたくさんあるはず。

夢中になって理想のかけらを集めていくと、
こういう盛り付けが好きなんだな、
この食材の組み合わせが好きなんだな、
という自分のこだわりが見えてきます。

まずは、たくさんの素敵な朝ごはんに触れることからイメージを膨らませてみて。

理想の朝の時間が一気に現実味をおびてきますし、わくわくする朝ごはんのために用意したい食材や食器も「欲しいものリスト」として書き出せるようになります。

ここまできたら理想の朝時間はすぐそこ。

実は私自身も理想の朝ごはんコレクターで、心が踊る写真を集めています。
https://jp.pinterest.com/teruimadoka/

写真を集めて眺めているだけでも、
映画を観ているかのように
新しい世界に触れることができるので
「日常の中に少し理想を混ぜてみたい」
と思うきっかけになります。

新作のリップや新しい髪色をまとっていても、その人の心がしゅんとしぼんでいては美しさは生まれません。

素敵だな、と思う女性に共通しているのはまとう雰囲気の明るさや柔らかさだと感じます。

そのために大事なのは「自分を満たすことで生まれるご機嫌な気持ち」。

一日をスキップするような気持ちでスタートするためにも、理想の朝ごはんにわくわくして、思わずベッドから飛び出す毎日にしたいですよね。

心が満たされる朝を過ごした日はきっと、見える世界が少しだけカラフルになるはずです。