ヒマつぶしコラム

ハリネズミに魅せられて。飼うならココは抑えておいて欲しいポイント

新しい家族・ハリネズミの「わさび」を通して、ハリネズミの魅力と飼う時のポイントについてご紹介します♪

先日久しぶりに実家でガッツリ過ごし、ハリネズミ愛が溢れて止まないwriter本廣です。
その目的は、新しい家族になったハリネズミ「わさび」との対面!

そこで私が素直に感じたことは、
「ハリネズミがこんなに表情豊かな生き物だったなんて!」
最近、ハリネズミ愛好家が増えているのも大きく頷ける数日間でした。

というわけで、今回はハリネズミの魅力&生態をご紹介します。

ハリネズミってどんな生き物?

・ネズミの仲間だと思っている人も多いようですが、実はモグラの方が近いそう。
静かで薄暗い所が好きな夜行性動物です。

・日本で唯一販売が許されているのが『ヨツユビハリネズミ』という種類。
5本指ある他のとは異なり、後ろ足の指が4本しかないのが特徴です。

・警戒心の強い動物ですが、飼い主の声や匂いを覚えるので、信頼関係が築けます(たまに懐かない子もいるよう)。

・トイレを覚えるのが苦手なので、こまめに取り除く必要があります。

・暑すぎると夏眠、寒すぎると冬眠するそう。
身体への負担が大きいので夏眠・冬眠させない対策を万全に!

ハリネズミとの暮らしの前に知っておきたいあれこれ!

ハリネズミはグルメ!偏食が激しい一面も

主食はハリネズミ用フードですが、何しろグルメな生き物なので
飽きた途端『何日も食べない』という強硬手段に出ることがあります。

そんな時は低脂肪のドッグフード(半生タイプ)をあげる。
または、ゆで卵・小動物用チーズなどを混ぜてあげたり、
リンゴやミルワームなどのおやつを与えたりします。

ハリは痛くないの?

ハリネズミのハリは6,000本以上もあると言われています!
警戒している時は、身体を丸めてハリを立てるので触るのはNG。
飼い主に慣れて安心できる環境になると、ハリは寝ているので痛くはなく、撫でてあげることもできます。

いつ頃から手乗りさせてくれるの?

飼い主の匂いを覚えて安心したら、
そっとすくって手乗りをさせてくれるようになります。
洗濯をしていない服の端切れを寝床に入れてあげて、
『飼い主の匂い=安心』と関連付かせる方法も。

お世話は難しくない?

ゲージの床材は週に1回は取り替え、ゲージも洗います。
ただ、自分の匂いを全く感じないと混乱してしまうので、
前の床材を少し残して入れてあげます。
日々のお世話は、えさとお水とフンの処理くらいなので、そんなには難しくありません。

ここがたまらない!ハリネズミのキラーポイントを紹介♡

本来はゲージの中で動き回る程度で充分なのですが、『太り気味』な子は
お部屋の中や外でお散歩させてあげてみるのも良いでしょう。
トテットテッといった具合に歩く姿が、猛烈に可愛くて仕方ないのです。

夜行性なので、正直夜中に「騒がしいな…」と起きることもありますが
ちょっと気分が落ち込んで上手く寝付けない日や、
夜中にふと目が覚めてセンチな気分になった時は、この顔で癒してくれます。

最初は、「何?この奇妙なポーズは」と驚きましたが、
これはハリネズミ特有の泡付けという行動。

知らないものの臭いを初めて嗅いだ時に、舐めたりかじったりし、口の中で泡状の唾液と混ぜ、背中やわき腹の針に塗り付けています。

何のためにやっているかはハッキリしていないそう。

いかがでしたか?

かわいいハリネズミの魅力…一度ハマったらどっぷりになる事間違いなしです。

ハリネズミを本気で飼い始めようかなと考えている人は、
近所にきちんと診察してくれる獣医さんがいるかどうかを
しっかり確認することから始めてくださいね♪