ひとり分レシピ

ヘルシー!美味しい!簡単!全て叶えるミニマリストのキッチン愛用品といえば…

ミニマリストの台所事情。アレもコレも揃えるんじゃなくて、1つで多機能なあの道具を選びましょう。ご飯をおいしく作るコツも伝授いたします。

モノが少ないミニマリストはキッチン道具も最少限。

どうやって料理しているの?何を作っているの?
健康、美容、美味しい料理を食べる時間も減らしているの?
そんな疑問にこたえるべく、あるミニマリストのキッチン事情を見てみました。

ミニマリストはキッチンでも満足を追求する

モノが少ないからといえども、
インスタントフードばかりを食べているわけではありません。

健康や美容、美味しいものは、満足感や幸福度に直結するもの。

それを失くしてまでモノを減らしているミニマリストはごく稀。

むしろ、ヘルシーで美味しくて、なおかつ簡単な料理を作っている人が多い印象があります。

その理由は、
ミニマリストはミニマリストになるのが目的ではなく、
その先にある満足や幸福を追求した結果、ミニマリストになっただけだから。

そういったミニマリスト達がいるということは、たとえ道具がミニマムでも、満足と幸福を感じられる健康的で、美味しくて、簡単な料理ができるという証明になっているのではないでしょうか。

ミニマリストのキッチンによくある道具とは?

では、少ないキッチン道具で、健康的で美味しくて簡単にできる料理とはなんでしょう?

それを紐解くために、料理好きのミニマリストのお宅に置いてあるキッチン道具を紹介します。

料理好きのミニマリストのキッチンあるモノ、それは「土鍋」

これ1つで、ヘルシーで美味しくて簡単な料理ができる優れものだからこそ愛用しているようです

土鍋がミニマリストに最適な4つの理由

土鍋はモノを厳選するミニマリストも満たしてくれる道具。

その理由は、美味しく簡単に作れるから、そして、これ1つで作れる料理のレパートリーも豊富だから。

土鍋のどんなところが優れているかをピックアップしたら、愛用するのが納得できる理由が並びます

①コンロだけで簡単料理

レンジ不要でコンロの火の強弱調整だけで料理できて簡単です。

②洗うのが楽

土鍋料理は、土鍋で作ってそのまま食べることができる料理も多いので、お皿不要だと洗うモノが少なくて楽チン。

③料理のレパートリーが豊富

鍋とフライパン、そして蒸し器の代わりになるから、ご飯、炒め物、スープ、蒸し料理、なんでも作れる優れもの!

④美味しい

土鍋で炊いたご飯の美味しさは、格別ですよね。

土鍋でご飯の炊き方

毎日食べるお米を土鍋で炊くと、その美味しさと比例して幸福感と満足感も増します。

だからこそ土鍋初心者にオススメしたいのは、土鍋でご飯を炊くこと。

土鍋でのご飯のおいしい炊き方

①お米を洗い、鍋に適量の水を入れてしばらく浸水させておく
(夏は30分、冬は1時間程度)
②フタをして沸騰するまで待つ
③沸騰したら弱火で12分〜15分待つ(水分がなくなるまで)
④火を止めて数分蒸らす

これだけです!
簡単なのに、炊飯器よりも早く、おいしいご飯が食べられますよ。

土鍋を味方に、健康で美味しくて簡単な食事を!

お米を炊くことに慣れたら、次は炊き込み御飯にチャレンジ。

さらにアレンジして蒸し料理や炒め物、様々な料理に挑戦してみてはいかがでしょうか。

土鍋を自由に扱えるようになったら、土鍋は頼れる相棒になります。

お鍋やフライパンも不要になる日が来るかもしれません。

▼もっとミニマリストを知りたいなら…
image