ひとり分レシピ

つい作りすぎちゃった時に。正しいカレーの保存方法

簡単、おいしい!みんな大好きカレー。つい作りすぎてしまった時の保存方法をご紹介します。

一人暮らしでは、どうしても余らせがちなカレー。

皆さんは余ったカレーを保存する時、冷蔵庫に保存していますか?
実は冷凍保存したカレーがとても便利なのです。
そこで、今回は作りすぎたカレーを長く使える保存方法をご紹介します。

カレーは常温・冷蔵・冷凍で保存するとどれくらい持つ?

保存!と一言でいっても、その保存方法は3つ。
カレーを鍋の中に入れたまま常温で保存する、冷蔵庫に入れて保存する、冷凍庫に入れて保存するという方法があります。

カレーの保存方法|常温編

常温では菌も繁殖しやすくなっているため、なるべく朝・昼・夜の3回食べる時に加熱するようにしましょう。

それでも1日以上は持ちませんし、夏の時期になると食中毒を発症してしまう可能性があるので危険です。
冷蔵で保存した場合、2~3日程度は持たせることが可能です。

カレーの保存方法|冷蔵庫編

カレーを冷蔵庫に保存する時は必ず冷めてから入れるようにしましょう。

また、冷蔵庫にカレーのニオイが移ってしまうかもしれないのでなるべく早めに食べ切ってしまうことが大切です。
気づいたらダメになってる…なんて事にならないよう、こまめに状態をチェックする事を忘れずに。

カレーの保存方法|冷凍編

カレーを冷凍すればおよそ1ヶ月近くは持たせることができます。

冷凍する前に1食分ずつ小分けにしておけば、使う時にその分だけ温めればいいのでとても便利ですし、冷凍してしまえばニオイも気になりません。
逆にたくさん作っておき、冷凍しておけばいつでもカレーを食べることができます。

カレーを冷凍保存させる時のポイント

カレーを冷凍保存する時、適当に冷凍してしまうカレーの風味が落ちてしまう事があります。
そこで冷凍させる時のポイントをしっかり抑えておきましょう。

1.具材は入れない、もしくは具材は潰しておく

カレーと言えばゴロゴロと具材が入っているイメージ。

ですが、そのまま冷凍してしまうと具材から水分が抜けてしまい具材の食感が悪くなったりカレーの味も悪くなってしまいます。

なので具材は食べ切ってしまいルウだけを保存しておくか、もしくはミキサーを使って具材が溶け込んでいるような口触りが滑らかなカレーにしてから保存する方が、解凍後のカレーを美味しく食べられますよ。

2.カレーは素早く冷やす!

カレーは冷凍保存する前に冷ますことが大切。
早く覚ましたほうがより細菌などの繁殖を防ぐことができます。

鍋が入る大きさの容器を用意してその中に氷水を入れ、カレーの鍋を容器に入れてかき混ぜると中まで素早く冷やすことが可能です。
少し面倒かもしれませんが、やっておいた方がより安全にカレーが食べられます。

3.密閉袋・密閉容器を使う

保存する時に袋や容器を使うとどうしても空気が入り込んでしまいがち。

この空気が入ってしまうと劣化や腐敗が進みやすくなってしまい、せっかく冷凍で保存したのに使えなくなることがあります。
そのようなことにならないためにも、密閉式の袋や容器を使って空気を抜かすようにしましょう。

カレーを冷凍保存しておけば、疲れて食事の準備をしたくないという時にも便利ですし、小分けすることでアレンジ料理も作りやすくなります。

カレーを作りすぎてしまったという時は、今回紹介したポイントを抑えつつ、冷凍保存してみましょう。