ヒマつぶしコラム

“御朱印”ガールになってみる

御朱印という言葉、聞いたことありますか?今回は、初心者のみなさまへ。基礎知識とその作法をご紹介。

御朱印という言葉、聞いたことありますか?
まだ、あまり知らないという人も多そうな“御朱印”集め。

今回は、初心者のみなさまへ。
基礎知識とその作法をご紹介します。
気になるボルテージが上がった方は、
是非ひとり時間を使ってはじめてみては?

そもそも御朱印って何?

御朱印とは、僧侶や神職が「御宝印」という
ハンコの上に寺院・神社やご本尊の
名称・日付などを墨書してくれるもの。
一説では本来、寺社への参拝者が写経を納めた証としてもらっていた印のことだったとか。
ただ、現在ではその意味合いも薄れていき
「御朱印帳」を持っていけば
参拝の証として書いてくれるところも
多くなってきてるんです。

“御朱印”集めのご作法

1.「御朱印帳」を用意しよう

御朱印を集めるためには、
まず朱印を書いてもらう
専用の手帳「御朱印帳」が必要です。
好きな寺社で売っているものでも良いですし、
御朱印帳専門の通販サイトや雑貨・本屋にも
可愛いものが売っていたりするので、
長く使えるようなお気に入りを
見つけてくださいね。
また、多くの人が訪れる寺社では、
一度に預かって書いてくれる場合もあるので
名前を書いておくと良いかも!

2.お目当ての寺社に着いたらまずはお参り

お参りもせずに御朱印だけ
いただくのは不作法。
しっかりその寺社で手を合わせましょうね。
※御朱印とお参りの順序が逆の寺社もあるので、ご注意を!

3.いざ、御朱印をいただきに

朱印所や納経所へ向かいます。
見当たらない場合は社務所を探しましょう!
御朱印を書いてもらってる間は静かに
待ちましょうね。そう、大和撫子です。
御朱印代は無料もしくは300円程度なので、
「お気持ちをお納め下さい」
と言われたら小銭を用意しましょう。
そして、しっかりお礼を言って
受け取りましょうね。
ここは、優雅な身のこなしの見せどころです。

御朱印は一期一会

御朱印は寺社によってシンプルなものからカラフルなものまでさまざま。
常に手書きでもあることから、それは世界に一つだけのものと言っても
過言ではないのかもしれません。
また、各寺社の神仏とご縁を結ばれた証ともいわれるほど神聖なもの。
扱いは丁寧に。
移動時も何かの下敷きにしないようにするのがいいですね!


御朱印集めを始めると寺社を訪れる楽しみがまた一つ増えますね。
世界に一つだけの自分のための1冊。
家に帰って御朱印帳を開けば何だか浄化された気持ちになりそう。
自分の家がパワースポットなんて、ちょっと素敵ですね。