ヒマつぶしコラム

“毎日が特別”になる!写真Lifeを楽しもう♪

カメラ初心者の方も、スマホで写真を撮っている方も楽しめる、写真との付き合い方をご紹介します♪

いつの間にか夏がやって来ました。

こんにちは。
家では扇風機が欠かせない、編集部の藤田です。

いつからセミが鳴き始めていたか。
最近、夕陽が綺麗だった日はいつか。

日々の些細な変化を
皆さんはどれくらい覚えていますか?

本日は、“いつもと同じ毎日”が
“彩り溢れる日々”に変わる、写真との付き合い方をご紹介します。

何気ない“今日の特別”が日々を彩る

いつも歩いている道を
ちょっと見渡してみてください。

植え替えられていた、公園のお花。
路上ウイブが行われている広場。

時間通りにバスが着いた日。
いつもよりメロンパンが美味しかった日。

一見いつもと同じ日も
“特別”に変わるきっかけは沢山あります。

写真を撮ることで
それらがより強く記憶に残ります。

テーマを決めて撮ってみよう

「さあ、写真を撮ろう!」と決めたけれど
見渡しても撮りたいものに出会えない。

カメラを買ったけれど
使う機会がなかなかない。

そういう状態になったことはありませんか。

写真を撮り始めたばかりの頃は特に
テーマを決めることをお勧めします。

四季によって種類が異なり
身近に沢山咲いていて撮りやすい、花。

撮り方を変えるだけで
印象がグッと変わって見えるのもまた魅力です。

天気や季節だけでなく、
時間など様々な影響を受ける空。

空が綺麗だから帰りたい…と思った時は
写真を撮って心を落ち着けましょう。

渋谷のスクランブル交差点。
住宅街の道、路地裏、田んぼ道…

道端の花、新しいお店。
もしかしたら昨日と違う何かがあるかもしれません。

“綺麗”よりも“想いが詰まった”写真を撮ろう

一方、写真を撮る習慣がついてくると
“毎日を楽しむこと”ではなく
“写真を撮ること”が目的になることがあります。

綺麗な写真を撮るための技術に
意識を向けすぎてしまうことが原因のひとつです。

綺麗な写真を撮ることはz
写真を撮り続けるモチベーションの一つになります。

ですが、楽しくなかったら
無理して続ける必要はありません。

なぜ撮りたいと思ったのか。

写真を振り返った時に
その時の状況や感情が思い出せない。

見返しても、何もワクワクしない。

そんな写真が増えてきた時は
一度、写真を撮ることを休みましょう。

不思議と写真を撮ることを休むと
いつもと違う景色が沢山見えてきます。

「憶えていたい!」と思う景色に出会ったら
また、写真を撮り始めてみてください。

きっと、前よりももっと写真が好きになります!

いかがでしたか。

スマートフォンのカメラの画質が
ぐんぐんよくなっている昨今。

この夏から
写真と共にワクワクする日々を過ごしませんか。

関連記事: 比べて分かる!Instagramの写真をオシャレに魅せるコツ

       Instagram(インスタグラム)の使い方♪ワンランク上のおしゃれ写真に

       カメラ教室の無料体験レッスンで、オート撮影卒業を目論む