ひとりのお出かけ

銀座に『ウルトラ植物博覧会』がやってくるゾっ

可愛いんだか、気持ち悪いんだかワカラナイけれど、刺激づくしの植物ばかり。見て感想を言わずにはいられなそう。。。プラントハンター西畠清順さんの作品展が銀座でやっています。

2015年7月3日(金)~8月16日(日)に
ソニー・デジタル エンタテインメントがプロデュースした企画展
「ウルトラ植物博覧会 ~西畠清順と愉快な植物たち」が開催されます!!

植物って不思議ですよね~。
バラのようにあんなにも愛されるお花があれば、
蛍光色など一見変わっていて独特な存在感を放つ植物もいますよね。
どちらにしても植物の全盛期のパワーは人間を魅了します。

その・・・一見風変りな植物だけを見れる博覧会なのです。

プラントハンターという肩書きを持つ西畠清順さんが
世界中を旅して不思議な植物を寄せ集めたようなのです。
こんな植物見たことないっ!をご堪能ください。

ウルトラ植物って、例えばこんな感じ

出典:sakainaoki.blogspot.jp/2014/08/blog-post.html

360度花びらがあるヒマワリ

出典:sakainaoki.blogspot.jp/2014/08/blog-post.html

・・・ミドリ虫に見えてきますね。

出典:sakainaoki.blogspot.jp/2014/08/blog-post.html

ホンモノのパワスポとでも言うべきでしょうか。


西畠清順さんてどんな人?!

出典:plant-hunter.net/jp/

西畠清順(にしはた せいじゅん)
35歳。
花と植木の卸問屋「花宇」の五代目。

高校の時は高校球児

卒業後、オーストラリアで語学留学しながらサーフィンに明け暮れる

20歳でバックパッカーをする

東南アジアのボルネオ島で植物の面白さに気付く

帰国後、父親の会社に入り修行
といった経歴の持ち主のようです。

なんとも、外見からも自然と一体化してそうですね。これぞワイルド~

出典:ameblo.jp/laten-amerika/entry-10928757779.html

因みにボルネオ島で感銘を受けたのがこちら。

『ネペンテス・ラジャ』
日本語では『ウツボカズラ』
という植物なのです。

口を開けているみたいですね。

プラントハンターって??

耳馴染みがないですよね。
プラントハンターって・・・

17~20世紀にヨーロッパで生まれた職業で
世界中の珍しい植物を追い求め、旅する
というかっこよすぎる職業なのです!!!

西畠さんは、日本全国・世界数十カ国を旅し
年間2000件以上の案件に応えているのです。

しかし、珍種を求めるかっこいい旅人だと思ったら大間違い!!!
ある時は50mの断崖絶壁を登って“幻の植物”を探し、
またある時は絶海の孤島で新種発見に挑んだりするそうです。

・・・命がけです。

「学者同様の植物知識、アスリートのような体力、強い好奇心、植物を社会に還元すること、それが全部ないとプラントハンターとは呼べない。だから自分もそこを目指してる。死ぬほど好きじゃないとこんな仕事絶対無理!」

引用: http://xbrand.yahoo.co.jp/category/entertainment/6833/1.html

ところで、西畠清順さんの素敵なお話を♡

出典:blog.hanau.jp/article/39565564.html

奥さまとお子さんが1人いる西畠さん。
奥さまの旧姓が 『オサメユキ』 だったそうで、東南アジアで見つけてきた品種に「オサメ」という名前をつけて商標登録。
それを結婚式で披露してくれたそうなのです。

(写真:オサメユキ)

なんてロマンティックな・・・。
プラントハンターならではのなせる業ですねっ!

さぞかしおモテになるのでしょうね♡

そしてお子様の名前が 『まま』 なのですが、これは『ありのままに』から名付けたそうです。

自然体がいいよってことなんでしょうね。
素敵すぎます。西畠さん。

植物のプロ。
そしてロマンティックな一面も持つ西畠清順さんの博覧会は
見たことない世界が見れること間違いナシっ!

入場料も無料なのでぜひ足を運んでみてくださいね♪


『ウルトラ植物博覧会』

■展示名:ウルトラ植物博覧会 西畠清順と愉快な植物たち
■開催期間:2015年7月3日(金)~8月16日(日)会期中無休
■開催時間:11:00~20:00(入場は19:30まで) / 入場無料
■開催場所:ポーラ ミュージアム アネックス
〒104-0061 東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3階