ひとりのおうち時間

おすすめ映画『キツツキと雨』でほっこり気分

週末におすすめの映画。今回は、ほっこりする邦画を。役所広司、小栗旬が出演する「キツツキと雨」でゆったり時間はいかがでしょう。主題歌は星野源という、さらに癒される組み合わせで休日の濃度がぐっと上がるかも!

予定のない週末、平日の夜、ゴロゴロしてますね。
それなら映画を観ましょう。

じめっとした映画はパス。
かと言って、アクション映画でスカッとしたいわけじゃない。
ゆっく~り、まった~りしたいだけ。

今回は、そんな気分に沿う『キツツキと雨』という邦画をご紹介。
ほっこり笑えて、ちょっぴり泣ける映画です。

『キツツキと雨』という作品

出典:local

監督:沖田修一
出演:役所広司、小栗旬

とある山村で暮らす無骨な木こりと映画撮影のためにその地を訪れた新人監督。この二人が出会い、お互いに変化していく様子をコミカルに描いた作品。
木こり役の役所広司と新人映画監督役の小栗旬のかけあいはこの作品の大きな魅力のひとつ。さらに、脇を固める俳優陣が曲者揃いでこれがまた笑えます。ひとつひとつの表情やしぐさがいちいち面白い。
登場するどの人も見逃せない存在感です。

見どころ

ゾンビ映画

まず、このストーリーの一番重要な要素は幸一の初監督作品がゾンビ映画だという設定。
これが話を俄然面白くしています。
撮影隊は、のどかな山村の中でゾンビがウロウロしている様子を終始撮影。
平穏無事な生活を送っている山村の人たちは、映画の撮影というだけでも浮足立っているのに、ゾンビがウロウロしているなんて興味津々。
職業柄、天気を読むことが得意で土地勘もある克彦は、ひょんなことから撮影を手伝うことに。
いや、巻き込まれていくことに。
映画のいろはも知らない克彦が、決まらない撮影場所探しに振り回されたり、撮影の長ーい待ち時間にイライラしたり。
そして、とうとうゾンビ役で映画出演を果たすことになった克彦。その演技は、必見です。
そんな克彦を木こり仲間が大げさに誉めそやすものだから、克彦もまんざらでもない気分へと傾いていくのです…。

かくして映画撮影にどっぷり嵌っていく克彦は、仮病で仕事を休んじゃったりし始めます。
しかし、どこか憎めず可愛いんですよね。ただのおじさんなのに。
無骨さと滑稽さが見事にマッチングしているのですね。そう感じさせる、役所広司さんの演技が本当に秀逸です。

親子関係

林業を生業にしている克彦は、妻に先立たれており息子の浩一と2人暮らし。
浩一は、無職で家にいるが何もせずただダラダラとして過ごしているだけ。
そんな息子と克彦は大喧嘩することに…。

一方、幸一はゾンビ映画がデビュー作という若干25歳の新人監督。
しかし、気の弱い幸一は、現場で周りのスタッフに言いたいことがあっても全く伝えられないという始末。

奇しくも、同じ読み名の克彦の息子「浩一」と「幸一」は同い年。
そんなこともあってか、息子を重ね合わせる克彦と克彦に父親をみる幸一の心の距離は徐々に近づいていくのです。

父親が買ってきたビデオカメラが映画監督への道を選ぶきっかけになったと語る幸一。
だが、親の家業を継がなかったことはきっと良く思ってないだろう、と付け加える。
この話に、克彦は静かにこう言うのです。
「自分の買ってきたカメラが息子の人生を変えたんだ。嬉しくてしょうがねえだろうよ」
幸一は父の気持ちを、克彦は息子の想いを。
お互いの言葉からどのように推し量ったのでしょうか。
こうして、2人の気持ちの変化が行動へも転化していき、ストーリーは佳境へと進んでいくのです。

主題歌

「キツツキと雨」の主題歌を担当しているのは、星野源さん。
音楽家だけでなく、俳優や文筆家などマルチに活躍しています。

この映画で流れる「フィルム」は、沖田監督からオファーがあって制作したというだけあって、作品の雰囲気を壊さない優しいメロディーです。
主張しないけど耳に残っている。
すっと心に入り込んでくるから、気づけば口ずさんでいる。
星野源さんの楽曲は、いつもそんな音ばかりです。

出典:local

ちなみに、「フィルム」のミュージックビデオもゾンビがウジョウジョ出てきますよ。
気になる方は、YouTubeでチェックしてみてください。

とにもかくにも、映画の締めにふさわしい主題歌に仕上がっています。


映画は、洋画ばかり。という人にもおすすめです。
邦画というと少しフランス映画に通じる静けさを想像してしまいますが、
日本の喜劇は、本当に魅力的です。
確かに、哀愁のような静けさはどこかに感じるものの、やっぱり笑えるのです。
日本人の笑いのツボを刺激するのは、やはり日本映画に限ります。

あなたの週末にシネマを。

============
『キツツキと雨』
2012年公開
監督:沖田修一
脚本:守屋文雄
出演:役所広司、小栗旬 ほか

第24回東京国際映画祭で審査員特別賞受賞
第8回ドバイ国際映画祭で最優秀脚本賞、最優秀編集賞受賞、最優秀男優賞受賞
============