ひとりのおうち時間

おばあちゃんに電話をしてみる。

ひとりの時間におばあちゃんに電話をする。今まで無かった新しい気付きや発見、気持ちの揺れ動きに気づくかもしれません。

おばあちゃんに電話していますか?

hometown

夏休みになると、遊びに行っていたおばあちゃんの家。
ほんの数日だけのお泊りなのに、夏休みの思い出と聞くと、おばあちゃんの家が必ず浮かんできます。

普段は食べられないお料理や、何を言っても笑ってくれる顔、
そして家に帰る日のおばあちゃんの顔、どこか寂しそうで忘れられなくて。

この年齢になると、おばあちゃんとの距離が「小さな孫とおばあちゃん」から「大人同士」に変わったと思っていました。

でも、やっぱり私たちは一生彼女の孫。
彼女は一生私のおばあちゃん。
そんな関係に気づいたこの体験。

ひとりの時間、おばあちゃんに電話をしてみる。なんていうのはいかがですか?

「あなたの孫だから」電話のきっかけなんていらない
tomyo

今回のひとり時間の過ごし方は、シンプルに「おばあちゃんに電話をする」です。

電話しても、何を話そうかななんて悩む事もなし。

最近、何をしているの?
私は、こういうことをしているよ。
という話だけでも全然良いでしょう。

だって、家族ってそういうものでしょう。

昔の話をしても良いし、昨日の夕飯の話をしたって良いはずです。

おばあちゃんとの電話と私

私がおばあちゃんに電話したのは、「会社員」をすこしお休みしてフリーランスになった時。

誰とも全く話さない日常がとても寂しくて
コンビニの店員さんや、ファミリーレストランの店員さんにコミュニケーションを求めてしまった時がありました。

その時に、ふと、おばあちゃんに電話すればお互いに良い時間になる!
「孫と話したいおばあちゃん」と「誰かと話したい私」のマッチングが成立だ!と思ったのです。

そこから、週に1度、思いついた時に電話をするようになりました。

おばあちゃんの知恵をイタダキ

はじめは、近況をただ言い合って「また今度会いに来てね」で終わる電話。

でも、回数を重ねていくたびに近況だけではなく、色々な事を話すようになりました。

 

ふるさと納税でたくさん鶏肉が届いてしまい、困っていた私に保存の仕方やレシピを教えてくれる。
今ドキのシニアの情報収集方法や、遊び方を教えてくれる。
体に負担のかからない程度のエクササイズ、食べ合わせのダイエット方法を教えてくれる。

正直、こんなに面白く会話が出来るとは思っていませんでした。
彼女からすると古い情報でも、私にとってはすべてが新鮮。

もらったレシピでご飯を作ったら、報告することも忘れずに。
おばあちゃんの知恵、今でも全然生きています。

電話だけでも縮まる距離

FH000001

そして、電話をするたびに少しずつ、心の距離が縮まることを感じます。

それに気づいたのは、おばあちゃんから「寂しい」という言葉を聞いた時。

私には2人、おばあちゃんが居るのですが一方は1人暮らし、もう一方は介護をしながら生活していました。
2人にはそれぞれ違った寂しさがあり、それを電話で話してくれるように。

ちょっと考えれば当たり前に分かったはずの「寂しさ」を
本人たちの口から聞くまで私は気づいていませんでした。

電話をするだけでも楽しい、と言ってくれる彼女たちに
時間を作って会いに行かなきゃな。と今では思っています。

私が今までもらった沢山のものを、
ちょっとずつでも返していけたらな。とも。

彼女たちとの電話が終わると、少しだけ泣きそうになります。
この気持ちは、先に見えている未来を想ってなのか、
懐かしさや、気持ちが溢れ出しているからなのかはわかりません。

ひとり時間におばあちゃんに電話してみよう

今回のひとり時間は、
「おばあちゃんと電話をすると、こんなにメリットが!」という事が言いたいのではありません。

人によって、おばあちゃんとの距離感には差があるし、家庭の事情もさまざま。
でも、ちょっと距離をおいている人にふと電話をかけてみる。

それだけでも何か新しいことが生まれるような気がするのです。