ひとりのお出かけ

【京都dddギャラリー】歴史を受け継ぐArt『20世紀琳派 田中一光』展/京都

日本の美しさが凝縮された「琳派」の表現法。とくとご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1615年に誕生した歴史のあるアート集団『琳派』。
日本古来の美が詰まった作品が多いが故に、現代アートとしてどう表現するのかと考えるとハードルも高い。その完成された芸術を今に受け継ぐ「田中一光」さんの展覧会が京都で開催中です。

古きを温ねて新しきを知る:温故知新。
その見事なまでの新しい『琳派』流をぜひその目で。

琳派とは

1615年に誕生した琳派は、今年で生誕400年。それを記念して京都では「琳派400年記念祭」と称して様々なイベントが開催されています。今回紹介する『20世紀琳派 田中一光』展もその一環。海外でも有名な琳派をもっと世界に広めて理解を深めてもらおうという想いがこめられたお祭りのようですが、日本人の立場として琳派をあまり知らないのはちょっとナンセンス。
このメモリアルイヤーに一緒に琳派の世界を堪能しましょう。

歴史

尾形光琳の「琳」をとって名づけられた「琳派」という言葉、使われ始めたのは実はごく近年。大正時代に美術史関係の人が創りだした言葉だそうです。本阿弥光悦と俵屋宗達の作風が強く影響し、尾形光琳・乾山兄弟によってその血が脈々と受け継がれ、その後酒井抱一が江戸の町に浸透・定着させたと言われています。ただ、「琳派」は一つの流派と言えるほど師弟関係は確立されておらず、しかしだからこそより個性的で懐の深い芸術となっているのかもしれません。

有名な作品群

同じ時代に活躍した「狩野派」や「長谷川派」が武家との関わりが深かったのに比べて、町衆の中で生まれ育った「琳派」。日本人の生活により肉薄している芸術は、のびやかで大胆それでいて腑に落ちる親しみを感じます。

出典:local

国宝 風神雷神図
(俵屋宗達の屏風画)
建仁寺の所蔵だが京都国立博物館に寄託。建仁寺では高精細複製作品が展示。

出典:fishaqua.gozaru.jp/kyoto/higashiyama/yougenin/text.htm

重要文化財 杉戸絵「白象図」
(俵屋宗達作)
養源院が所蔵しており、他に「唐獅子図」「波と麒麟図」の杉戸絵8面、ふすま絵「松図」12面の宗達作品が収められています。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AC%E9%98%BF%E5%BC%A5%E5%85%89%E6%82%A6

国宝 楽焼白片身変茶碗 銘「不二山」
(本阿弥光悦作)
サンリツ服部美術館が所蔵。

『20世紀琳派 田中一光』展

田中一光  

出典:www.2121designsight.jp/program/ikko_tanaka/about.html

奈良生まれ、京都育ちの田中氏。
昭和期を代表するグラフィックデザイナー。 日本のデザイン界に大きな影響を与えたと言われています。

日本万国博覧会政府館の展示設計や、札幌冬季オリンピック大会、ロンドン「ジャパン スタイル」等の企画、展示設計など多方面の分野で国際的に活躍し、73年より西武流通グループ(現・セゾングループ)のアートディレクターとして活躍。店舗空間、環境デザイン、CI計画、グラフィック、「無印良品」のアートディレクションなどを通して、企業イメージ戦略をデザイン面から総合的に支えた。

引用: http://www.2121designsight.jp/program/ikko_tanaka/about.html

本展のみどころ

「17世紀の宗達、18世紀の光琳、19世紀の抱一。そして20世紀の田中一光。田中が琳派的なのではなく、彼こそが琳派を体現する人物なのだ」と評するのは美術史家の山下裕二氏です。

引用: http://www.dnp.co.jp/gallery/ddd/

今回の展覧会では、田中一光氏の作品の中から、琳派の技法や思想の観点を含む123点を厳選して、展示しています。※田中一光ポスター約1600点強を解析した、ライゾマティクスによるモーショングラフィックスも公開。
展示されている作品は、日本の伝統的な芸術をきちんと消化し、庶民のアートとしての親しみを感じるデザインばかり。色使いがとても日本的で、曲線や構図は「琳派」の面影を感じます。琳派を愛し尊敬しているからこそできる表現の境地だと思います。田中氏の作品をオマージュと呼ぶべきなのか、継承と考えるのか、もはや現代では完全なるオリジナリティとして確立されていると表現すべきか。それは、見る人それぞれにゆだねられています。それがアート。あなたは、田中氏の作品から何を感じ取るのでしょうか。

展覧会情報

京都dddギャラリー

2015年8月18日(火)- 10月29日(木)
11:00-19:00(土曜・日曜は18:00まで)
祝日休館(本企画展は、特別に日曜も開催いたします。) 入場無料
〒616–8533 京都府京都市右京区太秦上刑部町10


海外から見れば伝統的日本の代名詞とも言われる京都。その歴史を寺社仏閣だけでなく、アートからも感じてみてはいかがでしょう。日本人だからこそ分かるメッセージや心地よさみたいなものがあるかもしれません。
2015年、京都へお越しの際はぜひ。

※展示会情報は、変更されている場合もあります。事前にご確認ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加