ひとりのおうち時間

くだらないお笑いを一席。おすすめ映画『ハングオーバー』シリーズ

史上最悪の二日酔い。明日は我が身と思って、お酒の飲み方には気をつけましょう。 ハングオーバーシリーズ、まとめて観て笑い転げるひとり時間なんていかがでしょう。勢いで意外と観られちゃうものですよ。

疲れている時は、何も考えたくない。
ゴロゴロしていたい。
動きたくない…。

じゃぁ、とにかく見ているだけでいい映画をみませんか。 複雑なトリックや伏線など推測しなくても大丈夫!

ぶっ飛んでるやつ、ご紹介します。
おすすめ映画『ハングオーバー』シリーズ。
どうぞお笑いください。

『ハングオーバー』 という作品

1作目『ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』

あらすじ
2日後に挙式を控えたダグは、バチェラパーティーと称して結婚式前夜にラスベガスへ繰り出すことに。親友のフィルやステュ、さらに義理の弟アランと一緒に楽しんでいたのだが。翌日、ひどい二日酔いで目を覚ます一行。そこにダグの姿はどこにもなく…。

2作目『ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える』

あらすじ
フィル、ステュ、アラン、ダグの4人はステュの結婚式に出席するため、タイへ。ラスベガスでの失態を繰り返すまいと、ステュはつつましいブランチを計画していた。しかし、またしてもひどい二日酔いで目覚めることになる…。

最終作『ハングオーバー!!!最後の反省会』

あらすじ
何かとトラブルを引き起こすアラン。彼の父親が急死したのを機に、フィル、ステュ、ダグはアランを施設へと連れていくことに。その道中、なんとギャングに誘拐されてしまう。ダグを人質にとったギャングの要求は、アランの友達アジア系ギャングのチョウが盗んだ金塊を取り戻すことを命じる。

みどころ

アメリカンコメディお得意のやりすぎ演出

ハングオーバー=二日酔い。お酒で痛い目を見たことがある人も多いと思いますが、彼らの場合は痛いどころではすまない騒ぎ。シリーズ3作を通して、とにかく酒を飲んだ翌朝の状況がすごい。

1作目では、目覚めた彼らは、ホテルの部屋を徘徊しているニワトリやステュの前歯が抜けていることに余裕で笑っていたが、押し入れに赤ちゃん、バスルームに本物のトラを発見し唖然。そして花婿のダグがいない…。でも全く覚えていない。

2作目の舞台であるタイの一室で目覚めた時は、アランは丸坊主、ステュは顔にタトゥーが彫られている、でもそんなのもちろん序の口。天井から飛び出てきた猿はタバコを吸うし部屋に残された切断された指…。そして、ステュの義理の弟になるテディがいない…。やっぱり、全く覚えていない。

最終作は、前作とは違い二日酔いという設定ではないので目覚めるシーンは残念ながらありません。
もう翌朝のシーンがないことを残念と思ってしまっていることに驚きです。

そして、毎回いなくなった友達や義理の弟を見つけるために昨晩の行動を3人で辿っていきます。

この道中がまたぶっ飛んでいます。知らない女と結婚していたり、パトカーを盗んでいたり、寺院から僧侶を誘拐していたり。覚えてない3人には、衝撃的すぎる事実ばかり。そのとんでも演出はシリーズを重ねるごとにバージョンアップ。アメリカンコメディならではのやりすぎ演出は否めませんが、ここまでやってくれることでかなり笑えます。
そんなこと絶対ありえない!と言っていることに気づけば、あなたはもう虜です。

トップ・オブ・疫病神

そもそも酒を飲んだだけで大人の男がそんなに酩酊するのか?と疑問です。そう、彼らの記憶をブッ飛ばしたのはお酒だけではなかったのです。アランが軽い気持ちでお酒や一緒に食べていたマシュマロにコカインを混ぜちゃってたのです。それは、ぶっ飛ぶはずです。

とにかく、このアランがいつでも問題の火種。精神的に不安定なアランは予想外の行動を繰り返します。それに、振り回されるフィルとステュ。まったく、人が良すぎるとしかいえない。そして、毎作登場するコカイン常用者のマフィアのチョウもぶっ飛びキャラ。アランとチョウはお友達。頭のおかしい二人がお友達。もう事態はめちゃくちゃにしかなりません。やっぱり…笑えます。

親が金持ちのアランは、ずっとニートのままで何不自由なく暮らしてきた世間知らず。一般常識が通じないクレイジーボーイ。でも、やっぱり金持ち故なのか、時々振る舞いに品があったりして。その態度はイラつくんですが言動とのギャップに笑ってしまうのです。マフィアのお友達チョウにまで「お前はトップオブ疫病神だ」と言われちゃうアラン。彼には大注目です!

後悔先に立たずの二日酔い。もうやらない。と誓ってもやっちゃうおバカな男たち。彼らのお見事なダメっぷりをどうぞお笑いください。


呆れるほどにバカバカしい本作。

若い頃に、誰もが経験したであろうお酒の失敗。
いくらんなんでも、ここまでの事態はありえないと思いつつも、もしかすると場所が場所ならありえる話なのかもしれません…。お酒って要注意です。心に刻みましょう。

頭を使わずただ笑って見てれば終わりという映画。ストレスがたまっているみなさまにおすすめです。

時計の音すら煩わしい休日。
あなたの週末にシネマを。

=======

『ハングオ―バー』シリーズ

監督・脚本・制作:トッド・フィリップス
出演:ブラッドリー・クーパー
   エド・ヘルムズ
   ザック・ガリフィナーキス
   ケン・チョン
   ジャスティン・バーサ

=======