ひとりのお出かけ

可愛さが進化し続ける「波佐見焼」(はさみやき)に会いに行こう!

じわじわ話題の「波佐見焼(はさみやき)」。名前は知らないけど見たことがあるという方は多いかも。まずはショップ&イベントへ♪そして、いつかは長崎・波佐見でレッツ窯元巡り!11月に長崎ではかたdeはさみというイベントを開催!

波佐見焼(はさみやき)がじわじわ話題

雑誌でたびたび目にするようになった「波佐見(はさみ)焼」。
人気セレクトショップ【アローズ】でも
使いやすさとモダンなデザインで有名な「白山陶器」の製品が販売されるようになり、
若者達の間でも『波佐見焼=身近でオシャレなキッチン雑貨』というイメージが定着してきました。

実際、都内にある波佐見焼ブランドのギャラリーへ出かけたり、
長期休暇を利用して長崎・波佐見での窯元巡りを楽しんだりして、
少しずつ集めたコレクションをお家で楽しむ女子が増えているそう!

そんな波佐見焼の魅力を大公開しちゃいます。

波佐見焼(はさみやき)ってどんなもの?

波佐見焼(はさみやき)の歴史

長崎県東彼杵郡波佐見町。
その小さな山里には、実に400年もの「焼きものの伝統」が息づいています。

はじめは陶器を作っていましたが、その後磁器の原料が見つかってからは
染付と青磁をメインとした磁器産業へ移行。
江戸の後期には磁器生産量が日本一を誇るまでになり、
大量生産によって、それまで庶民の手に届かなかった磁器が人々の日常に溶け込むようになりました。

波佐見から有田焼で有名な隣の佐賀県有田へは約6km、
伊万里へは12km。
県境の地で長い間有田の下請けを担っていたこと、
そして、江戸時代は「伊万里焼」、明治以降は「有田焼」と
当時出荷されていた港や駅の名前で流通されていたため、
「波佐見焼」(はさみやき)という名前は長年マイナーな存在でした。

産地表示の厳格化があらゆる分野で求められるようになり、
「波佐見焼」という名も少しずつ認識されるようになったのです。




波佐見焼(はさみやき)の特徴

うっとりするような白磁の美しさと
呉須で絵付された繊細な模様が波佐見焼(はさみやき)の特徴。
そして、もうひとつ昔も今も変わらないのは
「普段使いで楽しむ良質の器づくり」というモノ作りのスタンスです。

例えば、写真のお皿のように(波佐見の人気窯元のひとつ「光春窯」の器♪)
「白くて軽くてシンプル」という波佐見焼らしさを継承しつつ、
モダンなテイストを盛り込んだデザインも展開されるようになりました。

また、個性派の窯元からは、カラフルな色合いやポップな模様の食器が続々登場!
波佐見で暮らす作陶家の個性とセンスが光る食器は海外でも注目されています。

『心をわしづかみ!』の波佐見焼(はさみやき)ブランドを紹介

1.マルヒロの「HASAMI」

雑誌の特集でもたびたび登場し、一気にブレイクしたのがこちらの「HASAMI」シリーズ。
カジュアルでメンズライクなフォルムと、豊富なカラーバリエーションが魅力です。

2.白山陶器

波佐見焼の代表格とも言える「白山陶器」。
東京都港区青山に「HAKUSAN SHOP」というショールームもあり、
10月31日(土)~11月8日(日)まで、12周年の特別キャンペーンを開催されるそ

3.西海陶器株式会社の「essense(エッセンス)」

「暮らしの中で豊かさを感じられるものづくり」をコンセプトに
テーブルウェアとインテリア雑貨を展開。
伝統に遊び心をプラスしたスイートな焼きものが揃っています。

4.石丸陶芸「mignon(ミニョン)」

フランス語で「可愛い・愛らしい・愛おしい」という意味の店名からも分かるように、
一目でキュン♪となるようなラインナップ!
お店に訪れると美味しいコーヒーでおもてなししてくれるそう。

5.一真窯のギャラリー「とっとっと」

部屋を暗くして、カップの中にろうそくを灯すと…♪
モダンで可愛いものも豊富ですが、
造り手の技巧に思わず溜め息もの…そんな作品もいっぱいです。

6.光春窯

「あまり主張せず、それでいて周囲の雰囲気をふんわり包み込むような器」がこの窯の心。
シンプルさの中にセンスを感じるものばかりで、雑誌にもよく掲載されています。

7.松原工房

関西から移り住んできた女性ふたりで波佐見町に小さな工房をオープン。
乙女心をくすぐる女性目線のオリジナル作品が特徴です。


ここで紹介したのは一部で、波佐見には
この他にも可愛くて素敵な窯元がいっぱいあります。
波佐見焼にハマる女性が多いというのも頷けますよね♪

インスタでも「波佐見焼」ファンがいっぱい!

【新情報】波佐見焼が集う「はかたdeはさみ」の11月開催が決定!

今年1月にも博多駅で開かれ、大盛況だった「はかたdeはさみ」が、
なんと11月10日(火)~12日(木)の3日間(11時~19時)、
同じくJR九州ホール(JR博多シティ9階)で開催されることに!
わざわざ長崎に行かなくても、博多でいろんな窯元の器が見られるチャンスです♪

総勢32社の波佐見の窯元&商社が一堂に集まり、波佐見焼の展示販売が行われます。
各窯元のイチ押しだったり、新作だったりがズラリと並び、
中にはこの展示会用の目玉商品も!
定価よりもリーズナブルに買えるのでオススメです。
また、ろくろの実演や絵付体験ができるワークショップなども開かれる予定。
ちなみに、上記で紹介した幾つかの窯元も参加されます!
(石丸陶芸「mignon(ミニョン)」さんはHPで参加を告知済♪)

実は今、告知用のポスターなど諸々を制作&準備している真っ直中だそう。
これから、波佐見町観光協会さんのfacebookやHPなどで随時アップしていくそうです。

でも、日程は確実に決まっているので、このイベントに合わせて博多旅行を計画するのも楽しそう!
ちょっと早いけど、2015年も頑張った自分へのご褒美にいかがですか?