ヒマつぶしコラム

気になる色で心理分析♡どの色があなたの救世主!?

日常に溢れている“色”。あなたが今気になっている色で心理分析してみましょ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日、さまざまな色の中で生活している私たちですが、見ている“色”に少なからず影響を受けているようです。よく赤いふんどしを履くと元気になると言われますが、これも色の効果。知っておくと、落ち込んだ時や気持ちを落ち着かせたい時など、意外に役立ちますよ。とり入れやすい代表的な7色の効果をご紹介しますので、「好きな色」「気になる色」も考えながら読んでみてください!どれを選んだかで心理分析もできますよ。

特徴

■警戒心・注意力を喚起し、興奮や刺激をもたらす。
■最も長い波長をもち交感神経に刺激を与えるので体温・血圧・脈がUP。これによって人は温かみを感じ、赤に囲まれた部屋では体感温度が実に2~3℃も上がるという実験結果も。冷えやすいこれからの季節は、下着や靴下などで取り入れるのがおすすめ!

赤が好きな人は…。

積極的なリーダータイプ。あらゆることに頑張り屋さんですべてが人並以上になる。また、決断力に優れ男性的。

今、赤が気になる人は…。

前向きな気力に溢れている時。何か新しいことでも始めようとしていますか?この時は、案外周りが見えないこともあるので少し冷静になりましょう。

特徴

■消化・新陳代謝をよくする作用があるので、食欲を増進させる。食卓で使うとGOOD!
■血管や自律神経を刺激し活動的に。
■恐怖やプレッシャーによる不安を取り除いてくれる。だから、炎の橙色は癒されるのかもしれません。

橙が好きな人は…。

陽気で人づきあいがよく社交的。積極的でおしゃべりが上手。ですが、反面、一人になると寂しがり屋だったりお人よしが多いのも特徴。

今、橙が気になる人は…。

人間関係に満足しており、調子が良いですね。今、周りの状況を把握しやすく空気が読める状態です。

特徴

■明るさや希望を与える。
■運動神経を活性化させる
■理解力、記憶力、判断力、集中力UP
人前で話すのが苦手な人でも黄色を用いることで会話がスムーズに進むそう…!

黄色が好きな人は…。

頭が良くて口調がさわやかな人。言葉を使うのが上手で、話しても書いても分かりやすく伝えられます。気取ったところがなくユーモアのセンスもあるので人気は抜群!マイナス思考は大っ嫌い。

今、黄色が気になる人は…。

自分が元気いっぱいなので、賑やかに騒ぎたい時。新しいアイディアが浮かびやすく、面倒は避けたい。孤独が異常に怖いのに弱みは見せたくない。複雑状態ですね。

特徴

■情緒の安定、安心感の増加。もっとも刺激のない色
■筋肉をほぐし、リラックスさせてくれる。筋肉や骨の細胞を作る力を促進したり、緩和効果があるので血圧を下げる。

緑が好きな人は…。

穏やかでバランスを大事にします。目立ちすぎず、かといって不足しないように。周りに気を使うタイプなので家では安息を求めます。このため家庭を大事にする人が多い。

今、緑が気になる人は…。

疲れています。理想と現実の間で苦しんでおり、期待に応えようと必死。睡眠不足ですよ、もっと気楽に。肩の力を抜きましょう!

特徴

■爽快感、冷静さを与える。
■鎮静作用があり、落ち着く。
■脈拍や体温の低下、呼吸も深くなる。
■痛みの緩和。
■長時間の集中力を助ける。

青が好きな人は…。

何事もきちんとこなすタイプ。社会的体裁を気にしがち。個性的なものは苦手で、標準よりちょい上を好みます。水色が好きな人は、明るく穏やかな人。濃い青が好きな人は、ステイタスを強く求める人。

今、青が気になる人は…。

今の自分に満足していて安定した精神状態。反面、少し周りに反感を抱きやすい時。本音を隠したままだとストレスが一気に溜まりますよ!上手に発散させましょう。

特徴

■高貴さ優雅さの象徴。
■欲求不満や病的と思われがちですが、本当は癒しの色。セラピストが良く用いる色。
■鎮静効果、集中力UP
■琳派管や心筋、運動神経の働きを抑制。

紫が好きな人は…。

繊細な感受性をもっており美的センスが抜群。芯の強さをあまり表には出しません。また、疲れやすく体調を崩しやすいのも特徴。

今、紫が気になる人は…。

何か心配事や悩みがあるようです。自分の殻に閉じこもりがちで、なんだか情緒不安定。こんな時はゆっくりする時間をもつのが大事です。

ピンク

特徴

■恋愛、しあわせ、思いやりなど優しいイメージ。
■心と体を若返らせる。
■味覚的に甘さを刺激する。ダイエット中の人は、甘いものが美味しく感じるので要注意。

ピンクが好きな人は…。

ロマンチスト。どれだけ年をとっても素敵な出会いや恋愛にワクワクしていたい。甘えたりねだったりするのもお得意。愛するよりも愛されたい願望が強し。

今、ピンクが気になる人は…。

優しさで心が満たされ、人に気配りができる時。その気持ちの裏腹に自分も誰かに甘えたいと強く思っています。誰かの悩みを聞いてあげると同時に、自分の悩みも打ち明けるという時間を持ちましょう。


いかがですか。色によってさまざまな効果があるので、気分によって食べ物やインテリアに加えてみてはどうですか?そもそも「自分の好きな色」というのがすでに癒し効果があるらしいので、部屋に好きな色のデザイン画や写真を飾ってみるとオシャレも気持ちもUPです!ぜひお試しあれ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加