ひとり外ごはん・カフェ

かき氷シーズンはもう開幕しているのです。

かき氷は夏のもの?ノンノンノン。今やオールシーズンいけちゃいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かき氷は夏のもの?
ノンノンノン。
今やオールシーズンいけちゃいます。
むしろ有名店こそ夏になる前に行ってみるべし。

★ひみつ堂 (谷中)

冬だって行列の超有名店。
”かきごおりすと”たちが足しげく通っています。

それは日替わりシロップの種類の多さによるもの。
なんせ132(=ひみつ!)種類をめざしてるそうなので、
毎日行ってもちょっとずつ違うメニュー。
何度だって楽しめるのです。
(twitterでは毎日メニューをツイートしてるので気になるシロップの日に突撃なんてのもアリ)

たとえば。
さつまいもクリームキャラメルにクリィミー白花豆、きゃらりんちーずなどなどなど。

どれも悩ましいほどにおいしそう&名前がかわいいのですが、
ひみつ堂の代名詞ともいえる「ひみつのいちごみるく」は何はなくとも食べたいお味。

出典:https://retrip.jp/items/118576/

白くてふわっふわの氷と真っ赤ないちごシロップが
絶景すぎる色彩美…!

大きいけどぺろりといけちゃいます。

真夏は整理券が出るほどの超人気店なので、
本格的なシーズンを迎える前にぜひとも行きたいお店です。

ひみつ堂
http://himitsudo.com/

★しもきた茶苑大山 (下北沢)

元々はお茶屋さんですが、喫茶室では通年かき氷が食べられます。
こちらの店主さんは茶段十段という全国に9人しかいないお茶のスーパースペシャリストなのだそう。

なので、抹茶あずきのかき氷は定番ながらも、
お茶屋さんが作っている抹茶シロップということで、なんとも薫り高いこと…!
濃厚で抹茶ならではの苦味もおいしさ。

そして個人的にはほうじ茶かき氷がおすすめです。
自家焙煎のほうじ茶が香ばしくほどよく甘くて、スプーンが止まらないっ。

出典:www.mstp.info/tet/cafe/ice/shimokitachaen/

さらにこちらのお店はおひとりさまで行ってもうれしいシステム採用。
蜜なし氷のみの「素氷」をオーダーして、追加蜜をトッピングすれば
贅沢にいろんな味が楽しめちゃいますよ♪

しもきた茶苑大山
http://shimokita-chaen.com/

★浅草浪花家 (浅草)

元祖たいやき屋さんで有名な、麻布十番浪花家総本店からのれん分けされたお店です。
もともとはたいやきの有名店ですが、かき氷もこれまた美味なのです。

個人的に大好きな「おいも」は
まんまるボディにどろりとたっぷりのおいもシロップ、そして上に乗ったプラリネが食感のアクセント♪
別添えのカラメルソースをたらりとすれば、なんとなくプリンのような不思議な感じ…!

出典:anko.tv/20140616_3255.html

もちろんここまで来たのなら、たいやきも食べたいよね、ってことで
たいやきはお持ち帰りにしてみても♪

浅草おさんぽのついでに…いや、かき氷のついでに浅草おさんぽはいかがでしょうか!

浅草浪花家
http://a-naniwaya.com/

★和kitchen かんな (三軒茶屋)

年中、しかも23時までかき氷が食べられちゃう。
そんなお店が三軒茶屋にあります。

お食事もおいしいのですが、何はなくともかき氷!

定番シロップだけではなく、季節ごとのシロップも充実しているので
やっぱり迷っちゃう。
でもそれもひとつの楽しみです。

出典:www.beauty-co.jp/news/dbn/gourmet/DB003300/

定番人気「濃厚紫いも牛乳」は見た目のインパクトも十分!

でも食べてみると濃厚な見た目にはうらはらな
意外にも控えめな甘さで、これまたすいすい食べられちゃいます。
ミルク氷との相性もバツグン♡

ふわふわの天然氷のかき氷って、頭がキーンとなりにくいのがすてきなところ。
和スイーツをしっとりと味わう感覚で、はんなりと食べすすめるのがよいかもしれません。

和kitchen かんな
http://kanna.launchrock.com/


やっぱりかき氷には絵ヂカラがありますよね!

友人と行って「わあー!」ってやるのもいいけど、
ときにはひとりで行ってこそっとSNSでシェア、なんてのもいいんじゃないでしょうか。
いいお天気のおさんぽ日和も増えるシーズン、かき氷をお目当てにおでかけしてみてはいかがですか?

みんなより先に夏が来ちゃうかも?

※店舗情報は変更されている可能性もあります。事前にご確認ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加