ひとりのお出かけ

なぜスパイラルマーケットは長居してしまうのか? その謎を探ってみました…!

青山にある生活雑貨を取り扱うスパイラルマーケット。実は長居する女性が多いようです。品揃えが良いのか?雰囲気が良いのか?プレス担当の河井さんにお話を聞いてみました!

『エターナルデザイン』を掲げるスパイラルマーケット。永く愛用できるシンプルなデザインや色合いのものがたくさんラインナップされています。そんなスパイラルマーケットの店内ディスプレイや品揃えのこだわりを聞いてみました!ここに、長居したくなる秘密が隠されているようです。

季節感と質感

今回、お話を伺っている中で河井さんからよく聞かれたワードが「季節感」でした。

スパイラルマーケットでは、あまり商品をガラッと入れ替えることはありません。それはまた来ていただいたときに同じものがあるという安心感と、次に来た時に買おうと思っているお客さまの期待を裏切りたくないからです。

ただ、季節はとても意識していて、扱っているものが同じであっても夏ならガラスを手前にだして涼しげにしてみたり、冬であれば陶器や磁器をメインに置いて重厚感を出してみたりという工夫はしています。色味も白・黒・ベージュを基調にしているので季節感を出す時は、やはり質感で変化を加えるという感じでしょうか。ガラス・陶器、ウール、麻などのように。

編集部が伺ったのは10月下旬。少し肌寒くなっていた季節ですが、確かに陶器や磁器がディスプレイの表を占めていて、これから来る冬を感じました。もちろん色味が全くないわけではなく店内には黄や赤などの目立つ色も置かれていましたが、こちらも少し落ち着いた色を選んでいるようで浮くことはありません。
『素材で季節を楽しむ。』季節の野菜の栄養が高いように、季節によって素材を楽しむ暮らしもまた健康に良さそうです。

使うシーンを思い描く

スパイラルマーケットの店内はいくつかのコーナーに分かれて陳列されています。ステーショナリー、食、服飾、お風呂、リビングルームのような感じ。ディスプレイのこだわりみたいなのはあるのでしょうか?

生活シーンの中で、使うことを想像しやすいようなディスプレイにするように心がけています。使い方の提案をディスプレイで表現することで魅力を伝えられればいいなと思います。例えば、コースターをグラスに敷くだけでなく、植木鉢の下に敷いてみたりとか、お客様によっては自由な発想で楽しんでいる方も多いですよ。それに、日々お客様の様子や気候に合わせてスタッフがディスプレイに小さな変化を加えています。だから、同じ棚にいつも同じ商品があるとは限らない。新しい発見につながると思います。

企画スペース

店内の一角に設けられた企画スペース「spiral market selection」。2週間ごと年24回も入れ替えをしているそうです。

spiral market selectionで展示して頂く作家さんも、「日々の暮らしで使う」ことを前提にしたものづくりをされている方々にお声掛けしています。知らない作家さんの個展がどちらかのギャラリーで行われていても敷居が高く、なんとなく入りにくいというようなことも多いと思います。でも、スパイラルマーケットだと売り場の一角を利用しているから気軽に見て手に取っていただける。

確かに、言われなければ企画スペースだと気づかないほど自然に展示されています。これなら気兼ねなく見て回ることもできるという感じです。近づきがたかった作家さんとの距離もぐっと縮まる感じです…!

ちなみに、どんな作家さんが展示してるのでしょう?

展示する作家さんは売り込みというよりもこちらで探してくることが多いですね。ちゃんとお店のコンセプトを理解して寄り添ってくれる作家さんでないとこちらも展示は難しい。300回目の記念の時は、作家さんの知りあいを紹介して展示していくリレー形式みたいなこともやったんです。作家さんの横のつながりも大切にしています。

※spiral market selectionの展示は2015年10月末のものです。


最後に

客層は幅広いというスパイラルマーケット。もちろん、ひとりで訪れる女性も多いのだとか。そして、みなさんかなり長居しているようです。実際に訪れてみるとその意味が分かります。何度行っても新しい発見があり、spiral market selectionでは常に違う作家さんと出逢える。こだわりの商品の数々は、とにかく、じっくり見て歩きたい。そして、しっかり自分に合ったものを選びたいという欲求にかられます。
スパイラルマーケットでは、スタッフはお客様にあえて声はかけないそうです。それは自分のペースを大事にしてほしいから。でも困った時のキョロキョロは見逃しませんよと河井さん。プロです 笑。女性には嬉しい気遣いですよね。これならひとりでふらりと訪れても気持ちの良い時間を過ごせると思いますよ。
気になったら、ぜひ足を運んでみてくださいね。

vol. 3では、スパイラルマーケットのかわいい雑貨・小物をご紹介しています!

vol. 1では、スパイラルマーケットの『アートと生活』という想いについて紹介しています!