ヒマつぶしコラム

『WIRED CREATIVE HACK AWARD2015』型破りなクリエイティブ!

今年で3回目になる『WIRED CREATIVE HACK AWARD2015』。“既成概念”をハック(=壊す)するということから生まれる新しいクリエイティブを表彰するもの。さて、今回の受賞作品はどんなものだったのか。Me times編集部もこの『WIRED CREATIVE HACK AWARD2015』に参加させていただきました!

11月30日に行われた『WIRED CREATIVE HACK AWARD2015』授賞式。3度目の今年、応募作品は、国内外からなんと365作品。この中からグランプリ、準グランプリ、各部門賞の11作品が選ばれました!さて、受賞作品とはいかなるものだったのか?日本のクリエイティブを切り開いてくれるであろう受賞作品をご紹介させていただきます。

WIRED CREATIVE HACK AWARD2015 とは?

今年のテーマは「既成概念をハックせよ」

既成概念を壊す(=ハックする)ことから生まれた「野心的なヴィジョン」と「国や地域にとらわれずに活動するためのビジネスマインド」を特に重視する、次世代クリエイターのためのアワードです。 言い換えると、クリエイティブに携わる多くの人々に対し、「この先、クリエイターに求められる資質とは何か」、「今後、クリエイターが担うべき領域とは何か」といった点に関して改めて考えるきっかけを与えることが、このアワードの開催意義でもあります。

参照元:http://hack.wired.jp/ja/outline/

『WIRED CREATIVE HACK AWARD2015』グランプリ・準グランプリ

最終選考に残ったのは32作品。授賞式の前に作品のプレゼンが行われ、さまざまなパフォーマンスが繰り広げられました。本当にどれも発想が豊かで、感心させられるものばかりでしたが、賞を手にできるのは11作品!さて、受賞作品を見ていきましょう。

★グランプリ★「Fairy Lights in Femtoseconds」落合 陽一さん

一瞬発火したプラズマが触覚的に表現され、物質との境界線をなくしていく作品。

映像の中で自由に動き回る光の正体は、フェムト秒(10の-15乗秒)の単位でプラズマを発火させ、空中に浮かせたもの。これまでのテクノロジーが規定していた、光には視覚、音には聴覚が反応すると思われていた常識は、現代では覆る。この作品の中では、光が触覚を操ることを可能にし、さらに映像と物質の境界線さえもあやふやにしているのです。

とてもきれいな映像の中に、これほどまでの理論が詰まっているのには驚きです。ただのイメージ映像に見えて、光に触れ、触れられた光もまたそれに呼応して動く幻想的な世界です。作者の落合さんは学校の先生なんだとか。生徒さんたちが『WIRED CREATIVE HACK AWARD2015』に応募するのを知って「自分も応募する!」と応募したらなんとグランプリ。生徒さんと同じ目線で熱くなれる素敵な方でした。

☆準グランプリ☆「Ethical Things」 Matthieu Cherubini・Simone Rebaudengo

動作の中にほんの少しの人間性を持つ、倫理的扇風機。

最近では、機械の中に人間性、つまり倫理観を持たせるということに過剰な反応があります。それならば、機械の方から人間に質問させたらどうかと考えた作者。この作品は、倫理的扇風機が倫理的な問題に直面するとクラウドソーシングのウェブサイトに繋がり、答えを見つけるのです。

当日は、会場には来ることができなかったMatthieu Cherubini・Simone Rebaudengoのお二人。スカイプで会場に喜びのコメントを届けてくれました。
倫理観、存在する人の数だけ異なるであろうそれを機械につなげるという本当に大胆な作品でした!

『WIRED CREATIVE HACK AWARD2015』各部門賞

ここからは駆け足でご紹介させていただきます!

GRAPHIC部門賞「LOGO MOTION」てらおか 現象さん

詳細はこちらのWebサイトをご覧ください。

企業やオリンピックなどの既存のロゴマークをアニメートさせる作品。

MOVIE部門賞 「 Bubble Membrane Painting Machine」 Tommy Hui

バブル(泡)という自然現象にカラーインクを使い豊かな表情を実現させた作品。

3D PRODUCTS部門賞「toki-」後藤 映則さん

動きの時間軸を3次元に立ち上げて、モーフィングで途切れることなく繋ぎ、それを3Dプリントしたものに光の線を当てる。そのことで時の移ろいが視覚化される作品。

ベストアイデア賞「 #VIsibleMe」 Bhavani Esapathi

詳細はこちらのWebサイトをご覧ください。

実は世の中に沢山いる、目には見えない障害を持った方たちをSNSでつなぐプロジェクト。

ヤングクリエイター賞「trace」宮嶋 風花さん

人が歩いてくる様子を半透明のセルにコマごとに切り出し、時間・空間的な要素を再構成した作品。

ワコム特別賞「EMIGRE」中島 渉さん

とある街を襲った大きな災厄と、それを生き延びた一人の少女の記憶を 描いたアニメーション。

上記の受賞作品以外の「ベストプレゼン賞」「特別賞」「パブリック賞」を受賞した作品に関しては
これだからクリエイティブって面白い!『WIRED CREATIVE HACK AWARD2015』
の記事で紹介しているので気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

既成概念を壊す…

今年のテーマであった「既成概念をハックせよ」を体現した、常識の先、そして非常識の一歩手前のクリエイティブ作品ばかりでした。

しかし、日常生活の中で私たちにはクリエイティブな発想って難しいと感じてしまいます。それは、もしかすると自分の限界を勝手にココと決め、それ以上の思考を止めているからかもしれません。仕事やプライベートの忙しさで、疲れ果てて考えることすら面倒になってしまう毎日。でも、私たちももっとクリエイティブな発想を楽しみたいものです!
いつもの行動に「なぜ」や「どうして」を持ち込んでみる、それだけで世界は変わるのかも。
そんな自分の中にある子供心をくすぐられる作品ばかりでした。

さぁ、明日から何して遊びますか?

今回素敵なプレゼンを見せていただいたクリエイターの方々
編集部に声をかけてくださった CREATIVE HACK AWARD2015を運営されている方々
本当にありがとうございました!