ひとり分レシピ

【おせち料理】ひとり暮らしにオススメ!「今どきワンプレートおせち」

おせちはお重に…なんていう固定概念は捨てちゃって、好きなものを一枚のお皿に。お正月気分もしっかりと味わえます♪

「も~う、い~くつ寝ると~♪」待ちに待った冬休み♡
2016年、みなさんはどんなお正月を過ごされる予定ですか?

実家に帰って家族や地元の友達とのんびり過ごす予定ならば、
年越し・初詣・おせち料理と、お正月ムードを満喫できます。
でも、「今年は休みも短め。ひとりでまったりしようかな」という人や
「仕事が入ってて…」という人は、なかなかお正月気分を味わえないですよね。

そこで、今回ご紹介したいのは「今どきのワンプレートおせち」。
お重に詰めた実家の定番おせちが余計恋しくなりそうですが、
新しい年の始まりに少しだけ料理を頑張って、
一枚のお皿の上にお正月っぽく彩ってみる。
そんな一年のスタートも悪くないと思いませんか?

おせち料理の常識を最低限知っておこう!

おせちは、年の始めに食べる祝いの料理。
昔はオーソドックスなものが定番でしたが、
今は洋風メニューなども取り入れられ、
時代と共にお重の中の色合いが華やかになっています。

でも、やっぱり忘れはいけないのが昔からある定番おせち料理の謂われ。
何となく知っている人も多いとは思いますが、簡単におさらいしておきましょう!




黒豆

まめ(面倒がらないで物事に励むこと)に働いて、まめ(身体が丈夫であること)に過ごせますように

田作り

稲の豊作を願い、五穀豊穣を祈って

海老

赤色は魔除けの効果も。海老のように腰が曲がるまでピンピン元気で暮らせますように

きんとん

金のような色合♪財産が増えますように

紅白なます

紅白は平和の象徴。ずっと穏やかに暮らせますように

数の子

卵がいっぱい!子孫繁栄を願って

「今どきのワンプレートおせち」とは?

本来は「めでたさを重ねる」ということからお重に詰めるのが習わしです。
でも、ひとり暮らしや大人数で集まらないお家では
大きめのお皿に好みのおせち料理をちょこちょこ並べて
お正月風オードブル感覚で楽しむ人も増えています。

オススメするのは、大きな円形のお皿。
「円=縁」。
「人との縁が広がりますように」という想いを込めて
縁起の良いお気に入りのお皿に盛り付けてみませんか?

この際、黒豆や田作りなどはデパートやスーパーで買って来てもOK。
イクラ(これも卵だから子孫繁栄!)があるだけでグッと華やかになるので、
小さなガラスの器にいれるだけでお正月らしくなります。

他に、2~3品は簡単だけど美味しい、尚かつ今どきでオシャレに盛り付けられそうなものをチョイスしましょう!
例えば、フライパンひとつで簡単にできる「ローストビーフ」
(参考URL→http://cookpad.com/recipe/3490489)もオススメ。

カマンベールに生ハムを巻いてピックを刺し、オリーブオイルとペッパーをかけたり、
マヨネーズちょこんと付けたアボカドを同じく生ハムで巻いてみたり。
トマトを切ってイタリアンドレッシングで和えたものを
薄く切ったバケットの上に乗せてみるのもなかなかオシャレです。

インスタから見るおせち風景♡

「今どきのワンプレートおせち」、いかがでしたか?
年末はお花屋さんで南天や松などお正月花がセットで売られています。
(丸っこい菊のマムもおすすめ♡)

できればそれも買って盛り付けの時に料理と合わせると、
お皿が一段と華やかになりますよ♪
残った花は小さなコップに入れてテーブルや玄関へ。
今年はひとりおせちを楽しんでみませんか?