ひとりのお出かけ

谷根千をぶらぶら散歩したいなぁ

谷根千(やねせん)ってご存知ですか?谷中・根津・千駄木という東京のスポットを総称した呼び名です。路地裏が入り組んでいて新しい発見も多いからお散歩好きにはたまらないスポットです。今回は、そんな谷根千をぶらりしてきました!

どうも編集部のヤマダです。

みなさんご存じとは思いますが。
谷根千とは…文京区から台東区一帯の
谷中・根津・千駄木周辺地区のこと。

たくさんの神社仏閣・旧跡や
下町の雰囲気がのこる町並みに、
オシャレなカフェやお店も多く、
何度訪れても新たな発見にみちた場所。

今回は、そんな谷根千をぶらりしてきましたよ♪

【11:00】根津駅からお散歩スタート♪

ヒマラヤ杉を見上げる

根津駅を出て言問通りを谷中霊園方面へ。
小さい脇道を入った先
みかどパンのとなりには立派なヒマラヤ杉が。

谷根千のお散歩スポットとしては有名ですが
実際に見ると圧巻の大きさです。

『たそがれ堂』

ヒマラヤ杉から再び根津神社方面へ歩いていると
裏路地にちょこんとある雑貨屋さん「たそがれ堂」を発見。
手作りの器や雑貨を販売するお店兼ギャラリー。

天井からかわいい鳥さんがぶら下がっていたり
窓辺にたそがれ堂人形がちょこんと座っていたり
癒される温もりのある雑貨ばかりです。

鳥さんは1匹ではかわいそうと
何匹か買われていく方もいるのだとか。

その気持ちわかります~

———————————————-
*住所:東京都文京区根津2丁目21-5
*営業時間:am11:00-pm16:30
*定休日:日・月・木・第3土曜日
———————————————-

【12:30】そろそろお腹すきましたよね?

『檸檬の実』

たそがれ堂から千駄木駅の方面へ。
千駄木駅からすぐ、
坂道の途中の路地裏にある「檸檬の実」。

ランチは1種類の日替わり。
お店に入ると店主が今日のメニューを教えてくれます。
丁寧に作られた野菜たっぷりのごはんに
お腹も大満足♪

気さくな店主との何気ない会話も
お散歩のスパイスに。

———————————————-
*住所:東京都文京区千駄木2‐28‐9
*営業時間:am12:00-pm18:00
*定休日:月曜日
※毎週土日は、夜営業(pm19:00‐pm22:00L.O.)
———————————————-

なんだか路地裏をのぞきたくなる

ぶらりしていると細い道が入り組んでいて興味津々。
ついつい路地裏をのぞきこんでしまいます。

この道には、何か面白いことないのかな…?

【13:30】さて、谷中方面に行ってみよう!

『谷中銀座』

THE下町。
人との距離が近いこの感じがたまりませんね。
いい匂いに誘われて買い食いするもよし。
お店に入って一息つくもよし。
時間をかけて街歩きを楽しんで。

ゴミはちゃんと持ち帰りましょうね。
大人の常識ですよ。

———————————————-
*アクセス:JR山手線、常磐線、都営舎人線、私鉄京成線
「日暮里」駅より徒歩5分
営団地下鉄 千代田線
「千駄木」駅より徒歩5分
———————————————-

『サブリエ・ド・ヴェリエ』

谷中銀座の途中
路地裏を入ったところにある「サブリエ・ド・ヴェリエ」。

砂時計を中心とした雑貨とカフェのお店。
ギャラリースペースもあり、様々なジャンルの作家さんの
作品も展示されています。

砂時計に囲まれて時の流れを感じながら
ゆっくりまったりできる空間です。

———————————————-
*住所:東京都台東区谷中三丁目9-18
*営業時間: am11:00‐pm7:00
*不定休
———————————————-

須藤公園でゆっくりするのも◎

谷中銀座で手に入れた戦利品を
のんびり楽しみたい方は
須藤公園がおすすめ。

公園というにはあまりに立派で広く
ぼーっとするには最適の場所。
公園の中心に池があったり、
滝が流れていたり。

時間を忘れさせてくれる空間です。

【16:00】ゴールは『夕やけだんだん』

夕暮れが近づいたら谷中銀座を出て
夕やけだんだんと呼ばれる階段へ。

この階段から谷中銀座方向を見ると
きれいな夕焼けが見えることで有名なのですよ。

夕やけだんだん付近にいる
猫の自由奔放さがやけに頼もしく感じます。

そんなにゃんこ先生と一緒に
たそがれてみてください。
ここでは、考えごと禁止!

思う存分ぼーっとしましたか?
さぁ、お家へ帰りましょう。

※店舗情報は2016年4月時点の情報です。