ひとりのお出かけ

京都の穴場パワースポット3選。人混みを避けて、ご利益にあずかる♪

京都といえば、日本でも有数の観光地。どこに行っても観光客ばかり。せっかくのパワースポットも人の気配で台無し。なんていうことも。そこで、今回は京都でも穴場のパワースポットをご紹介します。

京都にはたくさんの神社仏閣が点在し、学校の教科書に載っている有名な神社仏閣からあまり知られていないものまで多数あります。有名どころは海外からの観光客も多く、いつ行っても人だかり。これでは、せっかくのパワーも分散してしまうのでは…。
そこで、今回は京都でも穴場のパワースポットをご紹介します。

鞍馬山 / 鞍馬寺

山内の高い場所に位置する天狗の総本山「鞍馬山」。電車を乗り継ぎ、ケーブルにのって山の上まで登った後は、さらに徒歩で本殿を目指します。本来ならケーブルを使わず山を登ることが修行となり、山の霊気に触れることもできるのでとても良い体験になるのですが、体に不安がある方は無理せずケーブルへ。
鞍馬山では、お山自体を尊天の御身体と考えているので入山の心得なるものがあり、愛山費300円を払わなければなりません。
観光地から少し離れた場所にあるからか、山内が広いからなのか人が多くいる印象はありません。また、登山をしている人もいるのですれ違う時は挨拶してくださいね。





【おすすめポイント】叡山電車からの景色

終点「鞍馬駅」までの道すがら、叡山電車では大きな窓に向けて設置されている座席もあるので、その季節ごとの山の風景を楽しむことができます。秋には見事な紅葉、夏には青々とした木々。
鞍馬寺までの道のりにも心を鎮める景色と出会えます。

【おすすめポイント】「阿吽」の虎に宇宙を感じる

本殿では、狛犬ではなく「阿吽」の虎が睨みをきかせています。本尊毘沙門天のお使いである神獣の虎。五十音が「あ」から始まり、「ん」で終わることから「阿吽」は、宇宙の全てを包含すると言われています。神社仏閣において宇宙という言葉はあまり聞かない気がしますが、それが故に、とても大きな力を感じずにはいられません。

【おすすめポイント】金剛床の「六芒星」の上に立つ

パワースポットとして最も有名なのが、本殿の前に広がる魔法陣のような「金剛床」。さらにこの中心にある『六芒星』に立つと“宇宙生命のエネルギー”を受け取ることができると言われています。本殿を背にこの中心に立つと目の前には、山と空。この景観を見ていると、本当に天に近い場所にいるのではないかと錯覚しそうなほど。霊感は全くない筆者でも、綺麗な空気と絶景と神話に後押しされて、エネルギーが充電された気がする場所でした。

松尾山 / 松尾大社

日本最古の「古事記」の中においても、既に松尾大社の記述が見られ、「賀茂の厳神、松尾の猛霊」と下鴨神社と並べて言われるほど昔から崇め奉られていた松尾大社。
本殿の後ろには、木々が生い茂る山がそびえ、その荘厳さを増しています。松尾山への入山も登拝初穂料として大人1000円を払わなければなりません。
しかし、やはりパワースポットを巡るならば松尾山にある「磐座」の参拝は欠かせません。
一歩足を踏み入れた時に感じる空気の変化を、存分に体にあびてください。

【おすすめポイント】磐座を参拝

松尾大社の背後にある松尾山の山頂近くにある巨大な岩石。これが古代の磐座、つまり社殿祭祀以前に松尾大社のご祭神を祀っていた所です。昔から御鎮座場と称して敬拝していたため、神職以外の登拝を禁じていた神聖な場所なのだそうです。
本当に人の手が加えられていない山なので、野性の猿が出没することも多く、場合によっては入山が禁止されることもあるのだとか。それほどまでに、人に汚されることなく時を過ごしてきた神聖な場所なのです。…気持ちが高まります。

【おすすめポイント】亀の井のお水をゴクリ

磐座の手前にある「亀の井」。延命長寿・蘇りの水として有名な霊泉があり、家庭用水として酌み帰る地元の方も多いのだとか。直接飲むことも可能ですので、訪れた際には一口飲んでみてください。霊験あらたかな松尾山から流れてくる霊水を直接体内に入れるとは、ご利益がありそうです!

【おすすめポイント】亀と鯉を探せ!

松尾大社では、神の使いとされる亀と鯉がたくさんいます。手水舎も亀、庭園の受付にも亀。本殿の近くには「撫で亀」「撫で鯉」。松尾大社をぶらぶらしながら神様の使いを探してみてはいかがでしょう?

野々宮神社

嵐山の竹林を通り、木々や苔の生い茂る中にある「野々宮神社」。源氏物語の賢木(さかき)の巻に、光源氏と六条御息所(みやすどころ)の別れの舞台として登場しています。
縁結びの神様、子宝安産の神様として知られているため、休日はやはり若い女性を中心に参拝客で賑わいますが、案外と奥まった場所にあるため、並ぶことなく参拝できることが多い穴場スポットです。ちなみに、えんむすび・良縁結婚は野宮大黒天様、子宝安産は白福稲荷大明神様です。

【おすすめポイント】竹林や木々のマイナスイオンを浴びる

野々宮神社へ向かう参道や境内には緑がたくさん茂っています。竹林からはマイナスイオン、木々からはキレイな酸素を、体に取り込みながら参拝しましょう。新鮮な空気が、纏わりついている邪気も払ってくれそうです。時間があれば、神社の周りをゆっくりとお散歩してみてください。

【おすすめポイント】神石「お亀石」の前でお祈りを

野々宮神社のパワースポット大本命なのが、この「お亀石」。野々宮大黒天のそばにありますが、焦らずにまずは神様への礼拝を済ませてからお亀石のもとへ行くのが正しい順序。
お祈りの仕方はいたってシンプル、お亀石を撫でながら謹んでお願いごとをしましょう。
1年以内には、願い事が叶うと言われているそうですよ。ワクワクしながら毎日を過ごせそうです。


京都の穴場パワースポットに癒される

自然のありのままの姿に触れながら、なんだか少し神様に近づけた気分になれる京都の穴場パワースポット。
パワースポットとは、願いを叶えてくれる場所というわけではありません。単に、人の与り知らぬ力が流れている場所ということなのです。
そこでどうするかはあなた次第。
何も考えず、ただただ深呼吸してみる。
それだけでも効果抜群な気もしますね。

関連記事:京都でパワースポット巡り!意外に知られていない穴場3選。
関連記事: 恋愛に効く京都のパワースポット12選♡良縁・縁結びの違いで選ぼう!

▼もっと京都のパワーに触れてみたいなら
image