ひとり分レシピ

寒い夜にホットワイン。おうちでホッとあったまろ♡

寒い冬におすすめのホットワイン。フルーツの甘みとスパイスの香りがワインにゆっくりと溶け込んで…。心も身体もホッとする優しい味をお試しあれ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冷え込みがグッと増してきて、
「寒い、寒い…」を呪文のように唱えてしまう今日この頃。
会社帰りは、暖房が待っている我が家へと早歩き。
ただ、一人暮らしの場合、お家がほんのり暖まるまで時間がかかるのがツライところで…。
コートやストールも脱がず、しばし暖房器具の前でじーっ。
そんな時、私は「本日のホットワイン」を想像して部屋と身体が温まるのを待っています。

アルコールが苦手な人も美味しく味わえて、
身体の芯から温まる「ホットワイン」。
お家で簡単に作れるのでぜひお試しを♡

ホットワインってどんな飲み物?

冬の季節、ヨーロッパ各国でよく飲まれているのが「ホットワイン」。
ワインにフルーツやスパイスを加えて、鍋で温めたら完成!
安価なワインや風味が落ちてしまった飲みかけのワインを使ってお家で簡単に作れるのも嬉しいポイント。

日本では昔から風邪をひいた時に卵酒を飲む習慣がありますが、
このホットワインも同じような効果があるそう。
また、スパイスは身体を中から温めてくれたり、
気持ちをリラックスさせてくれる効果があるから安眠効果も♪

本来のホットワインは沸騰させないように火にかけるのがポイントだけど、
お酒が苦手な人は沸騰させてアルコールを飛ばしてみて。
まろやかで甘みのある自分好みのホットワインを作りましょう。

美味しいホットワインを作るための5つのススメ

①渋みの少ない軽めのワインを選ぼう

フルーツやスパイスの風味を楽しむため

②フレッシュ感の強いワインはNG

例えば、ボジョレ・ヌーボーのようなワインは不向き。
安いワインや家に残っているようなものでOK

③赤ワインベースのホットワインならイチゴやリンゴなど甘みのあるフルーツがオススメ

フレッシュなフルーツを全て鍋に入れず、少し取っておいて最後に浮かべても可愛い♪

④白ワインベースのホットワインならオレンジやレモンなど爽やかな柑橘系がオススメ

グラスに注いでミントなどを浮かべてみてもオシャレ♪

⑤渋くて濃い目のワインを使う時は水を加える

ホットワインのオススメレシピを紹介!

赤ワインベース♡今が旬!イチゴ╳リンゴホットワイン

(材料)
●赤ワイン…200cc
●イチゴ…2~3個
●リンゴ…5㎜くらいにスライスしたものを1つ(柿でも美味しい!)
●シナモンスティック…2本(粉末タイプでもOK)
●グローブ…2個
●スターニアス(八角)…1/4
●蜂蜜…大さじ1(甘みの調整は好みで)

(作り方)
①ワインとカットしたフルーツ、香辛料(シナモンやグローブなど)を入れて煮る。

②香りやアルコールが飛ばないよう、沸騰させないまま蓋をして10分から15分ほど煮出す。
(鍋の周りに白いフツフツが出るくらいの温度)

③蜂蜜を入れて甘みを調整したら出来上がり!

白ワインベース♡スッキリ系!オレンジのホットワイン

(材料)
●白ワイン…200cc
●オレンジ…2切れ
●レモン…2切れ
●ショウガ…2切れ
●グローブ…3個
●ショウガ…2個
●スターニアス(八角)…1/4
※好みでシナモンやミントを添えるのもおすすめ

(作り方)
① 赤ワインの手順①と②同様。

②フルーツによっては、えぐみが出る場合も。
グラスに注ぐ時に一度こすとさらに美味しくなります。

フルーティで優しいホットワイン♪

飲んでいる間もフルーツから味がじわじわと染みだして味や風味も変わっていきます。
基本だけ気をつけて、いろんな材料で試してみるのも楽しいですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加