ひとりのおうち時間

【疲れたあなたに】休むってやっぱり大事!Me times流、日曜日の体力温存方法教えます

「今週も疲れた…」「疲れがとれない」なんて日々頑張っているみなさんへ。今年の1月は新しいことを始めるよりも体力をいかに温存するかを頑張ってみませんか。

忙しかった時期の「疲れた…」がなんとなく残っているようなとき。
新しくなにかを始めるよりもいかに疲れた自分を大切にできるか、つまり、いかに体力を温存して日々を過ごすか、ということに集中してみませんか。

スマホなどのバッテリーは一度切れてしまうと再起動まで時間がかかってしまうものですよね。
人間も同じで、疲れたことによって体力というバッテリーが切れたらしばらく動けなくなってしまいます。
機械はバッテリーが一定量に達すれば再起動が簡単ですし、買い替えるという手もあるのでそれでもいいかもしれません。
ですが、私たちの場合そのバッテリー切れは、体調不良や精神的な疲労として大きな影響となって現れます。

では、バッテリー切れを防止するためにどうしたらいいのでしょうか。
簡単に考えられる方法は、「体力のキャパシティを増やす」「体力をあまり使わない」の2つ。
体力をつけるために運動をすることはもちろん大事ですし、目に見えてわかりやすい努力であるがゆえに周囲からも評価されすいですよね。
一方、今ある体力を温存することは怠けているんじゃないかと思われがち…。

しかし、あえて声を大にして言いたい。
『体力を温存することって本当はすっごく大事なこと!頑張って温存することって、全然悪くない!』

Me times流、体力の温存の仕方、ご紹介します。

待ちに待った日曜日、どうやって体力を温存する?

食材は前日までに買い込んで外出不要に

買い物に出かけなくてもいいように、食材などは前日までに買っておきましょう。
疲れていても明日の自分の為に…!と土曜日に一瞬だけ自分に鞭打つことがポイントです。

1日の計画を立てて無駄なことを徹底排除

まずは1日のスケジュールの細かいところまで見通しを持つことで、無駄な行動を除いていくことから始めましょう。
日々の仕事やプライベートなど、日常のひとつひとつの動作や作業には当然体力を使うもの。
そこでその動作を減らしていくことを考えましょう。
不必要だったり短縮できたりする作業はないか、効率よくできる方法はないか、など。

仕事では無意識にできていることも意外とプライベートではできていなかったり…。
本当に些細なことからで大丈夫です、日常全体の作業のスマート化をはかってみませんか。

睡眠は二度寝まで!

ついつい気持ち良くて何度も夢の世界へ戻ってしまいたくなりますが、三度寝以上は寝すぎて調子が悪いという状態に陥ってしまう確率が高いです。
ここはルールを決めて、二度寝までとしましょう。

「体力温存する日にするんだ」という覚悟を決める

冒頭で述べたように、体力を温存することは怠けているんじゃないかと思われがちであると同時に、自分でも「せっかくの休日なにもしなかった…」と罪悪感に苛まれがち。
甘いです、覚悟を決めてください。
今日は徹底的に”お休み”する日なんです。

ベースキャンプを決める&必要なものを揃えておく

「日曜日に体力を温存する」というクエストをクリアするための拠点となるベースキャンプを決めましょう。
ベッド、ソファ、テレビの近く…場所はどこでも構いません。
ベースキャンプの周りには、お茶やお菓子、ティッシュやリモコン、ごみ箱など必要なものを揃えておくことが重要です。
準備が整ったらいざ日曜日限定クエストに挑みましょう。

意識して何もしない時間をつくる

なんとなくだらっとスマホやテレビを見てしまう時間ってありますよね。
その時間を「本当に何もしない時間」にチェンジしましょう。
10~15分程度の休憩で構いません。
お茶やコーヒーを淹れて、まったりする時間を1回は作るようにしましょう。

お風呂と肌のお手入れはきっちりと

最後に、1日の仕上げとしてお風呂にきちんと入ることとお肌のお手入れをしましょう。
スマホや見始めたDVDに夢中で夜更かしなんてご法度です!
湯船につかることは、健康面での意味はもちろん、1日をリセットするという意味もあります。
最後に休日の仕上げとして、いつもよりゆったりと入浴し、いつもより丁寧に保湿をしていきましょう。

なるべく日付が変わる前に寝る

12時前に寝るか、後に寝るかは意外と大きい!
睡眠不足を来週へ繰り越さないためにも、「今日も体力の温存、よく頑張った」と自分を認めてあげてから、無理せず眠りましょう。

最後に

いかがでしたか。
体力を温存する日曜日は、怠けているなんてとんでもない!すべては計画的犯行なのです。
仕事もしっかり休んで体力を温存することもできる、賢い大人女子になりたいものですね。

▼もっと日曜日を賢く過ごしたいなら…
image