ひとりのおうち時間

私を癒してくれる『ボトルアクアリウム』の世界

シンプルで可愛い…しかも、水とグリーンが創り出す小さな世界はどこか神秘的♪ボトルアクアリウムの世界、実は簡単な作り方をご紹介します。

新しい年が始まったばかりだというのに、なんだか毎日疲れ気味…。
気分転換やリラックスできるものってないかな~と思っていませんか?

そんな人には「ボトルアクアリウム(ボトルアクア・グラスアクア)」がオススメです。
ガラスの中で広がる、小さなアクアリウムの世界。
夜そこだけライトを当てれば、さらにリラックス効果も倍増です♡

ボトルアクアリウムってどんなもの?

お気に入りのガラス瓶(ボトル)の底に砂を敷き、
水を注いで流木や水草を思いのままにレイアウトしたものが「ボトルアクアリウム」。
水草がゆっくり成長していく過程が一番の醍醐味です。
メダカやアカヒレなど、暑さや寒さに強い魚を入れても可愛いですね。

水槽で使うような専用のライトやヒーターも要らないうえ、
水替えやお世話も簡単。
癒し効果のあるお家のインテリアとしても楽しめます。
なので、身近に「すっかりハマッてる」という人もいらっしゃるかもしれません。

その気になったら、観賞魚のショップや園芸店の水草コーナーへ。
ボトルアクアリウムに適した水草が幾つかあるので、
店員さんに相談しながら完成形を想像しましょう。

ボトルアクアリウムの作り方

①好きなデザインのガラス瓶を用意

間口が広い方がレイアウトやお手入れが簡単です。

②砂利やソイル(水草用の土)を3㎝ほど底に敷く

色も白や黒など様々なので交互に敷くのもOK!全体の雰囲気に合わせて選びましょう。

③底が崩れないように、水をゆっくりと注ぐ

一日ほど置いてカルキを抜いた水道水を使いましょう。

④水草を一本ずつピンセットで挟んで植え込む

グッと植え込んだら斜めにスッとピンセットを抜くのがコツです。

⑤専用の液体肥料を時々入れてあげる

水草だけの場合のみ!水草専用の液肥を使いましょう。

ボトルアクアリウム、こんな風に楽しまれています!

ボトルアクアリウムを主役にするもよし、脇役にするもよし

【お花と一緒に♡】ダリアと水草と優雅に泳ぐベタ…心地良い一日の始まりを予感。

【ボトルはこんな変わり種も♡】使っているのはコーヒーのサイホン!レトロでかわいすぎます。

【職場のデスクにも♡】癒され感半端なさそう。でも、大切な書類を濡らないようにしなきゃ…笑

気をつけるポイントは?

冒頭でも触れたように、ボトルアクアリウムの魅力は「お手軽感」。
でも、水草の成長を妨げないために、最低でも週に1回はお水を換えましょう。

また、ボトルの側面に汚れがついていたら、小さなスポンジをピンセットでつまんでゴシゴシ。
そして、瓶の水を半分くらい捨てたら、またゆっくりと水を注いでいきます。
何度も溢れさせると、汚れだけがしっかりと流されて、キレイになりますよ!

それから、置き場所にもポイントが。
水草も他の植物と同様でお日様が大好きですが、直射日光が当たる場所は水温が高くなるのでNGです。
レースカーテン越しの場所など、ボトルアクアリウムに最適な場所に置いてあげてくださいね。