ヒマつぶしコラム

【朝活】したいのに朝起きられない人への原因と対策。

【朝活】したい気持ちだけは人一倍強い皆様!最大の悩みは、朝起きられないことですよね。朝の時間を有意義に過ごしたいのにどうしても朝起きられない。そして自己嫌悪。明日こそ朝起きるためのアドバイスをしっかり吸収してみてください。

あーぁ。いつもより2時間早い目覚まし、またスルーしちゃった。

「よし!明日こそは絶対朝活するぞ」と心に誓って、目覚ましを2時間早めにセット。朝起きたら見事に目覚ましをスルーしていました、なんてことありませんか?そうなんです。朝活の最大の難関とは朝起きられないことにあるのです。
朝活しようという気持ちだけは絶対にあるはずなのに、朝起きられなくて困っている方、必見です。
朝起きられない原因と対策をご紹介いたします!

【2つの原因】なんで朝起きられないのか?

睡眠時間

個人差はあるものの、一日の平均睡眠時間は6~8時間ほど。朝活しようと思って2時間早めに起きようと思うならば、2時間早めに就寝しなければなりません。
(例えば、毎朝7時起きで5時に起きたいならば、10時ごろには就寝することをおすすめします。)
また疲労や睡眠不足が溜まっているならば、いつもよりも睡眠時間を確保しなければなりません。朝起きられない原因は最低睡眠時間が足りていないか、自分の体調に見合った睡眠時間ではないからかもしれません。

睡眠の質

睡眠時間は長くても、睡眠の質が悪いと朝起きられなくなります。睡眠の質は毎日の生活習慣と密接しています。

≪睡眠の質を下げる7つの悪習慣≫
①カフェインの摂り過ぎ
②アルコールの摂り過ぎ
③夜遅くの食事
④激しい運動
⑤熱すぎるお風呂
⑥寝る前のネガティブな考え事
⑦寝る前のスマホ、PC、テレビ、ゲーム

7つの悪習慣の共通点は、交感神経が優位になってしまうということです。本来、人間は寝ているときは副交感神経が優位にならなくてはならないはずなのに、交感神経が優位になってしまうと睡眠の質が低下してしまうのです。以上の7つ悪習慣を早めに断ち切りましょう。

参照元:http://www.berry-counseling.com/351/

【4つの対策】どうしたら朝起きられるようになるのか?

睡眠環境を快適にする

現在の睡眠環境がベッドの硬さ・枕の高さ・布団・温度や湿度・音・光・色彩など、もう一度自分の心地よいと思える空間か確かめてみてください。とくに寝具は睡眠の質を大きく左右します。さらに就寝前にアロマを炊いたり、ホットアイマスクをするなどひと手間加えるだけで、リラックス効果が期待できます。リラックスすることにより副交感神経が優位な状態で眠りにつくと睡眠の質も上がり、朝起きれないというお悩みに一役買ってくれるでしょう。

スケジュールを立てる

いきなり「明日朝活しよう!」と思いついても朝起きられない確率は高いです。一番おすすめなのは、朝活する曜日を決めること。毎週曜日を決めてしまえば、前後で睡眠時間の調整も目星がつきますよね。徐々に慣れてきたら、朝活の日を増やしてみるといいでしょう。

モチベーションを上げる

世界の成功者たちは、早起きの達人。それは「早起きは三文の徳」ということを身を以て、知っているからではないでしょうか。俳優の哀川翔さんも『早起きは「3億」の徳』と著書を出していて、夏は4~5時、冬は5時に起床するようです。朝からゴルフや釣りの趣味などに打ち込んでいるそうですよ。「一流の人は早起き」と心得ることで、モチベーションの維持につながります。くじけそうになった時は、早起きしている成功者たちの著書を読んでみることをおすすめします。

≪世界の有名人の起床時間の一例≫
・AppleのCEOティムクックさん 4時半起床
・Twitterの創設者ジャック・ドーシーさん 5時半起床
・NIKEのCEOのマーク・パーカーさん 5時起床

起きたことを他人に報告する

朝起きられない人は、人を巻き込むというのもひとつの手です。友人などに協力してもらい、朝活する日と時間を告げ、LINEやメールで「起きました」と連絡を入れるのです。他人を巻き込んで公言したからには、有言実行しないと恥ずかしいですよね。朝活成功率が上がるはずですよ。


最後に
朝活したいのに朝起きられないのはもったいないですよね。でも朝起きられないのは決して意志が弱いせいではありません!
自分に合った対策によって、是非朝活頑張ってみてくださいね。
早起きは三文の徳ですよ。(自分にも呪文のように言い聞かせています。)