ひとりのお出かけ

ご利益が倍増するかも!?京都パワースポット巡礼「京都五社巡り」の方法とは?

人気のパワースポットには、連日多くの人が訪れます。そんなにたくさんの人の中で、ちゃんと自分の願いは届くだろうかと不安になりませんか。そこで今回は、ご利益を倍増できちゃうかもしれない京都のパワースポット巡礼「京都五社巡り」をご紹介します。

むやみやたらにパワースポットと言われる神社を参拝しているみなさま。それでは、賢くご利益アップができていないかもしれません。どうせなら意味のある巡礼をする方が記憶に残る旅になりますよ。

普通に参拝している人と差をつけたい、効率よくご利益を増幅させたい方へ。
または、京都でどこの神社・仏閣を参拝すればいいのか迷っている方にも。

今回は、ご利益アップが期待できるパワースポット巡礼「京都五社巡り」の意味と参拝方法をご紹介します。

「京都五社」とは?

794年に桓武天皇によって造られた平安京は、中国の影響を受け「四神相応」という風水の考え方に基づいて造営されています。

「四神」とは、東の青龍(せいりゅう)、西の白虎(びゃっこ)、南の朱雀(すざく)、北の玄武(げんぶ)のこと。
「四神相応」とは、大地の四方の方角(東西南北)を司る四神が宿るのに最もふさわしい地相のことを言います。
京都五社とは、この四神を祀る四社に桓武天皇を祀る中央のお社を加えた五社のこと。

では、その五社とは京都のどの神社をさしているのでしょう?

【東の青龍】八坂神社

全国の八坂神社の総本山。厄除け・疫病退散にご利益があるパワースポットです。境内には、龍穴から湧き出ている「力水」という御神水やその御神水で清めた「青龍石」もあります。また、摂末社には縁結びや心願成就のご利益のある神様も祀られています。

八坂神社の詳しい参拝方法や縁結びスポットについては、コチラで紹介しています。
京都のパワースポット「八坂神社」。おすすめポイント&周辺情報をチェック!

【西の白虎】松尾大社

日本最古の「古事記」の中においても、既に松尾大社の記述が見られるほど由緒正しい神社のひとつ。境内には、神の使いとされる亀と鯉の像がたくさん!神職しか足を踏み入れることができなかったという神聖な磐座のある場所は必見です。

松尾大社の詳しい参拝方法や聖域に関するお話は、コチラで紹介しています。
京都の穴場パワースポット3選。人混みを避けて、ご利益にあずかる♪

【南の朱雀】城南宮

太陽と月と星を組み合わせた「三光の御神紋」という、全国的に見ても稀な紋章をもつ城南宮。方位除け・厄除けのご利益、転じて旅行・交通安全のパワースポットとしても知られています。手水舎は、普通とは違い「菊水若水の井」と呼ばれ、その水を飲むとあらゆる病気が治ると言われています。

【北の玄武】上賀茂神社

京都の中でも最も古い神社のひとつ。本殿のご利益は方除け・厄除。摂社の中には、縁結びのご利益があるパワースポットも。また、境内には桜の木が要所に植えられており、春にはそれは見事な風景となります。

上賀茂神社の詳しい参拝方法や縁結びスポットについては、コチラで紹介しています。
京都のパワースポット「上賀茂神社」。おすすめポイント&周辺情報をチェック!

【中央】桓武天皇を祀る平安神宮

四神に守られる形で鎮座する平安神宮。当時の市民の祈りや願いが結集して創建された神社です。そのスケールの大きさには圧巻です。開運招福・商売繁盛・厄除け・学業成就、また縁結びにもご利益があると言われるパワースポットです。

平安神宮の詳しい参拝方法や幸せオーラに包まれている境内の様子は、コチラで紹介しています。
素敵な結婚式を夢見るあなたは…、京都のパワースポット「平安神宮」へ♪

京都五社巡りの方法

参拝の順番は特に決まっていないので、どの神社からスタートしても問題ありません。まずは最初の神社の参拝時に、京都五社巡り用の色紙「五社めぐり四神色紙」をもらいましょう。その後、残りの四社を巡りながら色紙に御朱印を集めていきます。要は、スタンプラリーのようなもの。

色紙は、初穂料1000円(最初の神社の御朱印料込み)、御朱印は各300円です。

全ての御朱印を集めると、最後の神社で記念品として特製のしおりがもらえます。ちょっと嬉しい…!しおりの絵柄は、毎年違うのでご注意ください。また、五社巡りに期限はありませんが、特製のしおりがもらえるのは先着順らしいので、どうしても欲しい人は、早めの参拝をおすすめします。

京都の守り神からパワーをいただく巡礼

京都の有名な神社・仏閣をなんとなーく観光しているという人は、一歩踏み込んで意味のある巡礼をしてみてはいかがでしょう。五社巡りの神社は、それぞれがパワースポットとして格式高い神社です。この五社をまとめて参拝し、さらにその恩恵を色紙におさめることができれば、ご利益も倍増するのではないでしょうか。色紙は、家に持ち帰って大事にしてくださいね。手荒に扱うと、罰が当たるかもしれないのでご用心…。

▼もっと京都のパワーに触れてみたいなら
image