ひとりのお出かけ

チクタク時を刻む…魅惑の小宇宙!懐中時計展

町田市立博物館で展示されている懐中時計展に行ってみてはいかがでしょう。 時計好きにはたまりません…。

時計の魅力をもう一度。

時間の確認は時計でもなくスマホでさくっと、な皆様。
今となってはアンティークな小物として扱われつつある「懐中時計」の世界を覗いてみませんか?

細かい細工やあしらいを見ると、時計としての機能だけではなくそれ以上の価値があるものだった、という事が感じられます。

現代の日常生活ではほとんど見かけなくなりましたが、腕時計が現れる以前の時代に携帯用の時計として長らく使用されていたのは、手のひらサイズの懐中時計でした。

引用: http://www.city.machida.tokyo.jp/bunka/bunka_geijutsu/cul/museum/hakubutukan_top.html

町田市立博物館は、故米原徹夫氏のご遺族より寄贈された18世紀から20世紀のヨーロッパ、アメリカおよび日本の懐中時計、計104点を所蔵しています。今回は2006年の初披露以来、2度目の全点展示となります。

引用: http://www.city.machida.tokyo.jp/bunka/bunka_geijutsu/cul/museum/hakubutukan_top.html


場所:東京都町田市本町田3562
会期:2016年1月9日[土]─ 3月6日[日]
入場料:一般 300円(中学生以下無料、障がい者半額)
休館日:月曜日

===link@詳しくはこちら@http://www.city.machida.tokyo.jp/bunka/bunka_geijutsu/cul/museum/kikakutenji.files/watch.pdf===